やっぱり本場フィンランドのSAUNAはサイコー!!|TRAVEL

TRAVEL|やっぱり本場フィンランドのSAUNAはサイコー!!

©Eero Ahanen(Visit Finland)

SMART TRAVELER

Visit Finland|ビジット・フィンランド

SAUNAの源流を求めて、フィンランドへ。
LAPLANDの玄関口KUUSAMOにて
最も伝統的なスモークサウナに辿り着いた(1)

SAUNAの聖地はフィンランド。最近ではサウナ好きのことを“SAUNNER”と呼称するが、SAUNNERにとってフィンランドは憧れの地なのである。もちろん、SAUNAとはフィンランド語だ。現地の人にうかがったところ、その語源は「蒸し風呂」という意味があるそうだ。ただしフィンランドの皆さんは、サウナとは発音せずに、ソーナと発音することが印象的だった。ソーナ・ソーナと言われて、はじめは何のことか分からなかったぐらい、彼らの発音は僕らのものと異なるものだった。

Text by TSUCHIDA Takashi(OPENERS)

意外とあった、僕らのSAUNAに対する誤解

言葉の説明ついでにもうひとつ。日本のスーパー銭湯で現在、大流行中の“ロウリュ”であるが、これもフィンランド語である。ただし、日本では誤った使われ方をしている。

ロウリュの語源は、焼き石に水をかけること。蒸気を発生させていく行為自体をロウリュと表現する。ところが、日本のスーパー銭湯におけるロウリュは、熱風を送る意味にとられている。SAUNAの室内を高温にするため、ストーブに水をかける(多くの場合が、アロマ水)ところは間違っていないのだが、あのサービスを正しく形容する言葉は「アウフグース」と発音するドイツ語だ。

スタッフがストーブに水をかけて蒸気を発生させ、タオルを振り回してゲストに熱風を送る行為である。もちろん本式は巨大ウチワを使わない。

さて、先ほどから説明なしに記述しているが、フィンランドのSAUNAはサウナストーンに水をかけて蒸気を作る湿式サウナである。ところが、日本のSAUNAは乾式サウナ。空気そのものを温める方式だ。ここが日本と彼の地のSAUNAがまったく別物である所以である。

この違いにより、SAUNA室での過ごし方すら異なってくる。フィンランドではSAUNAにおけるコミュニケーションが必然だが、日本ではむしろダラダラと喋っているとストイックなSAUNNERにムッとされたりする。

あちらでは同じ釜のメシを食う仲間ならぬ、同じSAUNAの蒸気を浴びる仲間なのである。この違いについては後ほど詳述したい。

©Eero Ahanen(Visit Finland)

©Eero Ahanen(Visit Finland)

03_Finland_Helsinki_Sauna_Day-2016_10_29-009

©Eero Ahanen(Visit Finland)

©Harri Tarvainen

©Harri Tarvainen

©Harri Tarvainen

©Harri Tarvainen

2016年にオープンした、ヘルシンキの若者に大人気のSAUNA施設「ロウリュ」。日本で言うスーパー銭湯のようなものだ。SAUNAでは水着を着用、クールダウンはそのまま海へ!(http://www.loylyhelsinki.fi/en/front-page/)

期待通り、現代のフィンランド人も相当にSAUNA好きである。ヘルシンキ空港内にあるFinnairのプレミアムラウンジには、なんとSAUNAが存在する。ひとっ飛びする前に、SAUNAにでも入ってってちょーだいね! というホスピタリティの現れだろう。

また大きな会社の役員フロアには大抵SAUNAが存在する。大切なことはSAUNAで決める。これもフィンランド式。なんせ、国会にまでSAUNAがあるという話だ。

06_Finnair-Premium-Lounge-Sauna-3D

ヘルシンキの空港内にあるFinnairのプレミアムラウンジ。

©Okko Oinonen

©Okko Oinonen

そんなフィンランド人も大好きなSAUNAは、こんなところにも。ヘルシンキの街の中心街にある観覧車のひとつがSAUNAの個室になっている。SKY-WHEEL定員4人で1時間240ユーロ(約2万9000円。2016年2月10日現在)。ドリンク付きである。ほかにスキー場のゴンドラがSAUNAになっている話も聞いた。

どうやらフィンランド人は身体を張ってギャグをする。

08_IMG_0037
09_IMG_0046

そしてヘルシンキには、公衆浴場ならぬ、公衆SAUNAが存在する。日本で言う銭湯だ。スーパー銭湯のような余暇を楽しむためのSAUNAではなく、日々の生活のためのSAUNAである。

フィンランドの住宅は、賃貸の集合住宅も含めてたいてい自家SAUNAを持っているので、状況は日本の銭湯と似ている。SAUNAなしの部屋で暮らす少数派の人々のために、大都市圏ではかろうじていくつかの公衆SAUNAが残っているそうだ。

かつてSAUNAは男女混浴だったが、今日の公衆SAUNAは男女別となっている。ただし都会を離れたプライベートなSAUNAは、その限りではない。

10_G40187

ヘルシンキ市内に残る公衆SAUNA。銭湯に似た趣を感じる。

Page02. SAUNA、コテージ、湖畔、夕日。どれひとつとして欠くべからざるもの