祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.16 祐真キキさん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.16  祐真キキさん

祐真朋樹対談

Page. 1

今回のゲストは、アメリカで大ヒットしたテレビドラマシリーズ『HEROES Reborn(ヒーローズ・リボーン)』のメインキャストに抜擢され、レギュラー出演したことで日本でも話題となった女優の祐真キキさん。今月28日(水)には日本のドラマデビューを控え、今後ますますの活躍が期待される。祐真朋樹・弊誌編集大魔王の実の姪でもあるキキさんの幼い頃の話など家族トークに花を咲かせつつ、普段は見られないキキさんの素顔を紹介する。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by TANAKA TsutomuHair and Make-up by SOYA KyokoText by ANDO Sara (OPENERS)

夢は女優業と人道支援活動を両立させること

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 久しぶりですね。今は東京に一時帰国しているそうですが、帰ってきてどれぐらいですか?

祐真キキさん(以下、キキ) そんなに久しぶりじゃないような気がしますけど(笑)。10月末に帰ってきたので約2ヵ月ですね。

祐真 『HEROES』は日本でも話題になりましたね。手応えはどうですか?

2X1A8683

キキ 日本でも大々的に宣伝していただいたので、声をかけられることも多くなりましたね。でも日本にいると外国人の方に話しかけられるほうが多いかな。

祐真 何ヵ国で放映されたの?

キキ 100ヵ国ぐらい。アジア、ヨーロッパ、アフリカ、南米……。フランスにも宣伝で行ったし、スペインでは空港に大きなポスターが飾られていてびっくりしました。なぜかヨーロッパでは私がフィーチャーされていることが多いんですよね。

祐真 アジアっぽい感じがうけたんでしょうかね。

キキ カナダのトロントで撮影していたんですけど、撮影中にすでに私のビルボードが出始めて不思議な感じがしましたね。

祐真 ニューヨークへ行った時、確かマディソンスクエアガーデンあたりで見かけましたよ。あ、おるな、と(笑)。今年の1月か2月頃だったかな。

2X1A8683
2X1A8683

キキ 去年の11月に撮影が終わったのでその頃ですね。去年の春に出演が決まって、7ヵ月後に撮影が終わって、フランスへ宣伝に行って、日本でhulu配信が決まって、日テレ系列のバラエティ番組に出させていただいて……。1年間があっという間でした。

祐真 一皮むけたっていう実感なんかはありますか?

キキ 仕事は増えましたけど、あんまりないんですよね。自分自身はそれほど変わっていないというか。

祐真 撮影で印象的だった体験はありますか?

キキ スケールの大きさに驚きっぱなしですね。ハリウッドはドラマ1話に数億円ってかけるので。楽屋がトレーラーなんですよ。役によって部屋の大きさが違うんです。私は一台二部屋のトレーラーだったんですが、有名な役者さんは丸々一台その人専用だったりして。ロケの時は全員分のトレーラーを大移動して回るんです。料理専用のトレーラーもあって。

祐真 楽しそうですね。ほかのトレーラーに遊びに行ったりして?

キキ そうです。めちゃくちゃ楽しかった。レギュラー10人ぐらいが全員仲良くて毎晩のように飲みに行きました。アメリカ人ってパワフルなんですよね。10数時間の撮影を終えて飲みに行って、その後なぜかボウリング、ビリヤードって何軒もハシゴして(笑)。

祐真 日産「ジューク」のCMにも出て。メキシコで撮影だって言ってましたが、楽しそうにしてましたね。インスタグラムで見てました。

キキ ヘアメイクさんが友達だったことと、当初は一週間の滞在予定が、肝心の車が届かなくてさらに一週間延長して、その分フリーになったっていうことがあったので。ピラミッドへ行ったりサファリへ行ったり、旅行三昧でした(笑)。

祐真 えらい遊んでるなー、あんまり出歩くなよ、と思いながら。

キキ 夜は出ないようにしましたが、思っていたほど怖くなかったです。料理も美味しかったし、楽しかったです。

祐真 どこへ行っても楽しむタイプだよね。

キキ 楽しんだもん勝ちですから。

祐真 勝ち負けあるんですか(笑)。だいたい僕の知らない間にアメリカのテレビに出て。あなたは一体いつから女優を目指していたんですか。

キキ 昔からですよ。

祐真 そうだったっけ?全然知らんかったわ。

キキ 一度相談のつもりで言ったら「女優なんてやめとけ」って。それで子どもながらに「この人には頼れないな」と察しましたね(笑)。『天才てれびくん』に出たくて、どうやったら出られるんだろうとお母さんに聞いても「さぁな、がんばり」って言われるだけだったので、お母さんにも頼れない(笑)。お母さんが何かオーディションとか見つけてくれないかなと思っていたんでしょうね。でもそういうのは一切なかったので「あ、違うんやな」とすぐに悟りました(笑)。

祐真 まぁ、家系的に各々勝手にやれ、っていう感じですからね。だから親戚も少ない(笑)。

キキ 今、全国の祐真さんは何人になったんでしたっけ。

祐真 おそらく20人に増えたらしい。つい何ヵ月か前まで19人だったのに。最近は「祐真」で検索するとキキのほうが先に出るしな。iPhoneでも一発で漢字変換できるようになったし。

キキ 私のおかげやで(笑)。

祐真 まぁ、そんな小さい時から女優になりたかったわけですね。

キキ 目立ちたがり屋だったんですよね。中学の時はアヴリル・ラヴィーンやバックストリートボーイズが好きだったので歌手になりたかったんです。

祐真 そういえばある日実家に帰ったら、ドラムが置いてあってびっくりしたこと思い出したわ。

キキ あ、私がお小遣いで買ったドラム(笑)。

祐真 僕が小学校2年生ぐらいの時、あなたのお父さん、僕のお兄さんですけど、彼もある日突然ドラムを持って帰って来たんですよ。「お前踊れ」と言われて、そのシーンがフラッシュバックしたわ。ある日突然家にドラムがある、というのを僕は2回経験している。血やな。

kikisukezane

若かりし頃の編集大魔王と幼いキキさん
キキさんのインスタグラムより:https://www.instagram.com/kikisukezane/

キキ (笑)アメリカのドラマにハマって英語を勉強するようになったのもその頃ですね。とにかく英語で会話ができるようになりたくて、ネイティブのような英語が喋れたらカッコいいなーと、ハーフの友達に発音を教えてもらったりしていました。高2の夏から1年間はアメリカのサウスダコタ州に留学して、高校を卒業してしばらくは京都でフリーターをしていました。

祐真 当時アフリカとかタイとかも行ってなかった?

キキ 旅行してましたね。その頃から国際的に人道支援をしたいなーとも思い始めていました。アンジェリーナ・ジョリーやジョージ・クルーニーのように、役者をしながら人道支援活動をするのが夢なんです。

Page02. 12月28日(水)、ついに日本のドラマデビュー!

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]