日産 リーフ長期リポート 最終回|Nissan

日産 リーフ長期リポート 最終回|Nissan

暮らしのなかでこそわかるクルマの魅力

Nissan Leaf|日産 リーフ

最終回

リーフよ走れ

2011年10月からリポートをお届けしている、世界初の市販電気自動車「リーフ」が、ついにマイナーチェンジを果たした。変更内容はどれも、リーフユーザーの要望にこたえるものであり、着実に完成度を高めていこうという日産の姿勢がありありと見える。OPENERSでは、長期リポートの最終回として、ついに“従来型”となったリーフを総括する。明日のモビリティへの期待とともに。

Text & Photographs by OPENERS

未来のクルマだと感じる

6カ月を共にしたリーフを、編集部では、取材時の移動はもとより、実際に購入した場合を想定して、荷物の運搬や買い物などに、幅広く利用した。走行した場所のほとんどは、都市部の一般道もしくは都市高速道路だったが、すでにリポートしたとおり、長距離ドライブの挑戦女子会というレジャー用途にももちいている。

リーフをクルマとして評価するならば、特筆すべきは低重心による走行安定性の高さだ。電池などの重量物が車体下部におさめられているため、スポーツカーでは苦労している低重心化を実現している。これは逆に、フロア下に重量物を抱えている感じをおぼえさせるが、それがゆえ、ブレーキング時のノーズダイブ(車体前方が沈みこむこと)やピッチング(車体の前後方向への細かいうねり)が抑えられており、乗り心地はフラット。

NISSAN Leaf|日産リーフ
NISSAN Leaf|日産リーフ

そして、モーターによる圧倒的なトルク。これもガソリンやディーゼルでは味わえない、独特の感動をもたらしてくれる。ダイレクトなレスポンスと、機械的な接合感が皆無な抵抗のなさは、慣れてしまうと、どんな優秀な内燃機関であっても古臭いとさえ感じさせてしまう。そんな近未来的な乗り物だった。

荷室容量も日常生活には必要じゅうぶん。ときには撮影商品の運搬用にも供してみたが、不満がでる場面は、いっさいなかった。

懸念となる航続距離については、OPENERSのみにとどまらず、あらゆるところで語りつくされた感があるので、いまさらあれこれを語っても仕方がないとおもう。もっとも、気温があがってくると、自然に航続可能距離が伸びてゆき、メーターに表示される走行可能距離は150kmから180kmくらいになった。どちらにせよ、日常、都内のアシとして使うぶんにはまったく問題がない距離だ。

 

不可解なるECOモード

長く乗っていれば、もちろん細かいネガを感じることもある。たとえば、ブレーキフィーリングの不自然さに不満が残る。とくに、アクセルオフ時のエンジンブレーキ的な抵抗力が、回生の要不要という条件からか、充電状態に応じて変化するのには、最後まで慣れることはなかった。

また、不可解なのは、走行モードに「エコモード」と「通常モード」があり、「エコモード」は、セレクターを二度、ドライブに入れないと選択できないようになっていることだ。

内燃機関であれば通常よりも“省燃費なエコモード”の存在意義は理解できる。しかし、エコロジカルであることを謳うリーフであれば、エコモード一択でも問題はない。というよりも、正しい運用におもえる。このクルマに乗ったうえで、電池残量を気にしながらハンドリングや動力性能を愉しむ、というシーンがどのくらいあるのかというのが疑問なのだ。

NISSAN LEAF|日産リーフ