日産リーフの長期リポート企画第4弾!

日産リーフの長期リポート企画第4弾!

暮らしのなかでこそわかるクルマの魅力

NISSAN LEAF|日産 リーフ

日産リーフを導入! 第4回

リーフで巡る三浦半島13時間の旅

日産リーフの長期リポート企画第4弾。小誌編集部の”楽しい仲間たち”とさまざまなドラマを生み出してきたこのクルマともそろそろお別れの予感。そこで今回は少し趣向を変えて、クルマのことをまったく知らない編集部の女史3人が、初めての電気自動車(EV)に乗って体験リポートを敢行! 神奈川県の三浦半島を巡る約13時間(!)の旅。さて、今回はどんなドラマが生まれることやら……。

Text by TANAKA Junko(OPENERS)

全員がリーフ初体験! その乗り心地やいかに

2月某日。前日、東京では今年2度目の雪が観測されたばかり。積もり具合によっては、決行が危ぶまれる可能性もある。当日の天気やいかに。すると驚くほどの快晴。ここしばらく見なかった清々しい青空が一面に広がっている。これはなんとも幸先のいい滑り出し。飲み物やら車中の宴会グッズを用意したら、出発進行!

さて、ここでリーフに試乗した編集部のメンバーを紹介しよう。運転席で華麗に舵を取るのは運転歴約30年という40代のBだ。職場では主に経理を担当しているためか、数値には敏感。バッテリーの出力・回生具合を示すパワーメーターを常に左から3目盛りまでにキープ。「できるだけバッテリーを持たせるために(パワーメーターは)3目盛りぐらいまでに押さえておくといいよ」と、小誌の中で一番リーフを極めているクルマ担当のSから教わったことを最後まで守り通すとは、さすがの一言。ただし、自他ともに認める“ビビリ”ゆえ、常にバッテリーの減り具合を確認しながらドライブするリーフとの相性は今ひとつか。ドライブを進めるうちBの心境がどのように変化するのか、今回はそこにも注目してリポートをお届けしたい。

女性だけの気ままなドライブ。気まますぎるあまり、いや失礼、リーフの乗り心地の良さに、後方席で思わず眠りについていたのは30代のS。何を隠そう、免許を取って以来一度もハンドルを握ったことがない生粋の“ペーパードライバー”だ。宴会マドンナの名に恥じないしゃべりと笑いで車内を大いに盛り上げてくれた。また、超がつくほどしっかりもののSは、節穴だらけの筆者に代わって、道中・訪問先で私たちを引っ張っていってくれた。この場を借りてお礼を言わせていただきたい。助手席を温めていたのは私、免許を持ったことのない20代の筆者。クルマのことはまったく分からないが、フロントガラスから景色を眺めるのがお気に入り。小誌では主にSHIFT JAPAN!を担当している。まだ上京して数週間のため、ところどころ観光名所に過剰反応しすぎの節があるが、どうか温かく見守っていただきたい。

午前9時、航続距離120キロからのスタート

では、気を取り直して本題へ入ろう。時刻は午前9時過ぎ。編集部がある錦糸町の駐車場を出て、早速三浦半島に向けて出発した。と、ここでB。エンジン音がまったく聞こえない静かな走りに歓声を上げている。ハンドルも軽く、加速がスムーズなので、運転は非常に楽とのこと。「街中を走るためのセカンドカーとして持つのにいいかもね」とは、普段ミニバンを運転しているBの談。

首都高の錦糸町入口付近で捕まった渋滞を抜けた後、平均60~70km/hのスピードを保ったまま首都高をどんどん進んでいくと、左手にお台場が見えてきた。いやおうにも筆者のテンションは上がる。レインボーブリッジを渡ると、今度は羽田空港が目の前に。そんな一つひとつに身を乗り出している私たち、いや筆者の姿をよそに、リーフは相変わらず高級車のごとく静かでスムーズな走りをつづけながら、湾岸線で差し掛かった神奈川との県境もスイスイと通り抜けていく。ここでBの“萌え”スポット、工業地帯に差しかかった。まるで映画のセットのような一帯を横目に進むと、まもなく最初の目的地、そして最初の充電ポイントでもある『大黒ふ頭パーキングエリア』に到着だ。

午前10時、航続距離残り94キロで最初の充電ポイントへ

「いざ充電を」と駐車場にあるはずの充電ポイントを探すが、どこにも見当たらない。ぐるぐると駐車場を一周してようやく見つけたのは、駐車場の中でも一番端、周りに案内板も何もない急速充電器だった。これは分かりづらい。現状では、EVの利用者が少ないという“言い訳”が通用するのかもしれないが、ここはもう少し改善をお願いしたい。

繰り返しになるが、EV初体験の3人。乗るのも初めてなら、充電するのももちろん初めて。ここが今日一つ目の難関ポイントになるかと思いきや、実際にはじめてみるとその方法はいたって簡単。充電器のタッチパネルに出てくる指示通りにノズル形式の急速充電コネクタを差し込んで、スタートボタンを押すだけ。ガソリン車の給油のようにガソリンがこぼれてないか、手が汚れないか心配することもないし、あのいやーなガソリン独特の臭いもない。これは、男女問わず、クルマに乗るひとなら誰でもうれしいところではないだろうか。さらに、現在のところ、ディーラー以外のこうした公共施設にある充電器での充電は、ほとんどの場合、無料だということも付け加えておこう。

順調に充電をつづけていると、お隣にもう一台銀色のリーフがやってきた。見ると「日産レンタカー」の文字が。千葉在住という30代のカップルは、リーフを1日5000円で借りられるという破格のキャンペーン価格にひかれ、今回初めてEVに乗ってみたのだという。下調べはすでにばっちりのようで、幕張のレンタカーショップを出発し、ここの大黒ふ頭と藤沢市役所の2カ所でバッテリーを充電した後、江ノ島を目指すのだそう。

NISSAN LEAF|日産 リーフ 第4回 08

時間をつぶすにも、ここは駐車場の端。後ろに誰かを待たせていては、近くの公園に軽く散歩というわけにはいかない状況に。せっかくなので、ここでBに聞き取り調査を行うことにした。「ぶっちゃけリーフの印象はいかがですか」という問いに対し、Bは「アクセルを踏んだときのガツンやグワーっというの(注:急発車して揺り動かされる感じ)がなくスースー(なめらかに)動く。とくに100km/h以上出してみるとそれがよく分かる。これだとストレスなくいつまでも走っていられるね」と、かなりリーフをお気に召したようす。

先ほどのカップルを待たせているのが気にかかりながらも、立ち話をつづけているうちに早くも充電完了。400ボルトで7.5キロワットを充電し、航続距離は再び100キロ台に。この間、所要時間約20分。思ったより早く完了したが、やはりひとつの充電ポイントにひとつの急速充電コネクタしかないというのは、これからますますEVが普及していく可能性を考えれば、懸念点のひとつと言えるだろう。

DATA
大黒ふ頭パーキングエリア
神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭15
営業時間|24時間