リトラクタブル ハードトップの「ロードスター RF」を発表|Mazda

リトラクタブル ハードトップの「ロードスター RF」を発表|Mazda

CAR NEWS

Mazda Roadster RF|マツダ ロードスター RF

リトラクタブル ハードトップの「ロードスター RF」を発表

マツダは11月10日(木)、小型オープンスポーツカー「ロードスター」に、電動格納式ルーフを採用したリトラクタブル ハードトップモデル「ロードスター RF」を発表。同日より受付を開始し、12月22日(木)より販売を開始する。

Text by YANAKA Tomomi

専用のファストバックスタイル

昨年、10年ぶりのフルモデルチェンジを果たしたロードスター。先代に引きつづきリトラクタブル ハードトップモデルが登場した。

まず目に飛び込んでくるのがルーフから車両後端まで、なだらかに傾斜するラインが特徴的な“ファストバック”スタイル。電動ルーフはスイッチ操作のみで開閉できる仕様へと進化し、13秒での開閉が可能に。マツダでは世界最短でのルーフの開閉時間を実現できたと謳う。

エンジンは、ソフトトップモデルより排気量の大きい2.0リッター ガソリンユニット「スカイアクティブ-G 2.0」を採用。ロードスターのために縦置きにして専用チューニングをほどこした。トランスミッションは6段MTと6段ATが用意され、最高出力は116kW(158ps)、最大トルクは200Nm(20.4kgm)を発生する。

Mazda Roadster RF VS|マツダ ロードスター RF VS
Mazda Roadster RF VS|マツダ ロードスター RF VS

電動格納式を採用しながら、荷室もソフトトップモデルとほぼ同等の127リッターの容量を確保。いっぽうキャビンでは、吸音や遮音技術を駆使することでクローズ時は通常の乗用車と同等の静粛性をかなえたという。

グレードはベーシックな「S」と上級モデルの「VS」、専用シートやブレンボ社製ブレーキをオプションで設定できる「RS」など3種類で構成。足元はいずれもブラックメタリック塗装の8本スポークデザインの17インチアルミホイールを装着する。

ボディカラーは8色を展開。価格は324万円から373万6,800円となる。

080507_eac_spec
Mazda Roadster RF|マツダ ロードスター RF
ボディサイズ|3,915 × 1,735 × 1,245mm
ホイールベース|2,310 mm
トレッド前/後|1,495 / 1,505 mm
最低地上高|145 mm
エンジン|1,997cc 直列4気筒DOHC
ボア×ストローク|83.5 × 91.2 mm
圧縮比|13.0
最高出力|116 kW(158 ps)/6,000 rpm
最大トルク|200 Nm(20.4 kgm)/4,600 rpm
トランスミッション|6段MT / 6段AT
サスペンション前|ダブルウィッシュボーン
サスペンション後|マルチリンク
ブレーキ前|ベンチレーテッドディスク
ブレーキ後|ディスク
最小回転半径|4.7 メートル
JC08モード燃費|15.6 km/ℓ
定員|2人
価格|324万円-373万6,800円

問い合わせ先

マツダコールセンター

0120-386-919