早めの夏休み、オフは目一杯のN.Y|戸田恵子

戸田恵子|早めの夏休み、オフは目一杯のN.Y

Happy? Half Century

今回、私の心をえぐった舞台は…

早めの夏休み、オフは目一杯のN.Y

こんにちは、戸田恵子です。7月7日、三菱電機さんのCF撮影をして早めの夏休み。ニューヨークに飛び立ちました。今年もゆうこりんこと三ツ矢雄二さんと元気にお出掛けできたこと嬉しく思います。

Text by TODA Keiko

ブロードウェイで観劇三昧

今年のニューヨーク、ブロードウェイは何と言ってもトニー賞総なめの「ハミルトン」がイチ押し。チケットは半年先までSOLD OUT!でもどうしても観たい!!しかも作・作詞作曲のリン・マニュエル・ミランダが出演する期間はあと数日で終わり。私達は彼の千秋楽前日のチケットを必死でゲットしました!!今世紀最大のチケット料金を払いました。(笑っちゃうほど支払いました。)

toda_004

でもどうせならオリジナルキャストで観たい! 子供もいない!何の趣味もない私達ですもの! この為に働いてるんだもの!とゆうこりんと何度も言い合ってました。(笑)

久々の大ヒット作!! 大です。大ヒットなんです。

アメリカ合衆国建国の父の一人であるアレクサンダー・ハミルトンの軌跡。過去の作品で「イン・ザ・ハイツ」のクリエイターチームなのだそうです。「イン・ザ・ハイツ」も大好きでした。全体はヒップホップ調なんですけど、R&Bやロックっぽい楽曲もあり、パワフルで美しい。その夜は初演を観た!というとてつもない満足感と共に優越感に浸りました。CDすかさず買いました!

toda_002

ハミルトン

toda_002

三ツ矢雄二さん

toda_002

カラー・パープル

今年は8本の作品を観劇したのですが、どれも素晴らしい作品ばかりでした。豊作です!!


Fri ハミルトン
Stu (マチネ)スクール・オブ・ロック、(ソワレ)シャッフルで行こう
Sun 巴里のアメリカ人
Mon サムシング・ロッテン
Tue カラー・パープル
Wed (マチネ)ファンホーム、(ソワレ)ウェイトレス


人気の「ハミルトン」以外では「巴里のアメリカ人」に見惚れました。今回はノーマークだった「巴里のアメリカ人」でしたが、何と言っても不朽の名作。ジョージ・ガーシュインの楽曲は本当に素晴らしく、色褪せない。

そして主役の二人はバレエ界のトップクラスなのだそうで、もうクライマックスの15分間くらいのバレエダンスシーンは圧巻でした。まるで映像のよう。

舞台装置もすごくいいし、衣装もパリっぽくオシャレでした。とにかくビューティフル!! なわけ。うっとりしてしまいました。

toda_014
toda_017

そして今回、私の心をえぐったのは「カラー・パープル」。

トニー賞主演女優賞に輝いたシンシア・エリヴォの圧倒的な歌唱力。劇場が壊れるんじゃないかと思うくらい、地鳴りのような歌声。そしてパワフルな演技。芝居の途中でもスタンディングオベーションがありました。2006年の初演も観ていますが、実にキャストの歌と芝居のみの舞台。それだけで成立するのだ。それが本来の舞台なのだと痛感させられました。初演も素晴らしかったが、今回はそれを上回る勢いでした。

またニューヨークで素敵な作品に出会えますよう頑張ります。

ABOUT
TODA Keiko

愛知県出身、9月12日生まれ。NHK名古屋放送児童劇団に小学5年生から在籍し、『中学生群像』(『中学生日記』の前身) で女優デビュー。1973年に上京し、翌74年「あゆ朱美」の芸名でアイドル演歌歌手としてもデビューする。 その後、タレント活動中に声優・演出家の野沢那智より声をかけられ、77年に野沢主宰の劇団・薔薇座へ入団。本格的な演技を学び 始め、『スイート・チャリティ』『踊れ艦隊のレディたち』など数多くのミュージカルに出演、看板女優として活動する。 主演した『スイート・チャリティ』で芸術祭賞演劇部門賞を、また外部出演したミュージカル『ミュージックマン』で葦原英了賞を受賞。 薔薇座には89年まで在籍し、同年には舞台『渾・身・愛』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。 79年に『機動戦士ガンダム』のマチルダ・アジャン役で本格的に声優としての活動をスタート。その後、アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』 (三作目)の鬼太郎、『キャッツ・アイ』の瞳、『きかんしゃトーマス』のトーマス、『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン などの声で人気を集める。洋画の吹き替えも数多く手掛けジュリア・ロバーツ、ジョディ・フォスター、ビビアン・リーなどでよく知られている。 声優としての活躍が続いた後、97年には三谷幸喜脚本によるテレビドラマ『総理と呼ばないで』、同じく三谷幸喜脚本・監督の 映画『ラヂオの時間』に出演するなど、女優業を意欲的に展開。その他『クイール』『NINXNIN忍者ハットリくんTHE MOVIE』 『THE 有頂天ホテル』。『ラヂオの時間』では、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞した。 以降も女優として、NHK朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』『純情きらり』、NHK大河ドラマ『新撰組!』、 CX『ショムニ』『お水の花道』『天才柳沢教授の生活』『HR』などに出演。また舞台でも『温水夫妻』『You Are The Top』 『オケピ!』『なにわバタフライ』(共に三谷幸喜作・演出)、『歌わせたい男たち』(永井 愛作・演出)、 『星屑の町・東京砂漠編』(水谷龍二作・演出)、地球ゴージャス『HUMANITY』、『ザ・ヒットパレード ショウと私を愛した夫』 (鈴木 聡作・山田和也演出)など、同時代の劇作家によるオリジナル作品に多数出演。『なにわバタフライ』『歌わせたい男たち』 で、第5回朝日舞台芸術賞秋元松代賞、第13回読売演劇大賞最優秀女優賞を受賞した。 確かな歌唱と演技、その存在感は各界のクリエイターから評価され、世代を超えて観客からも支持を集めている。