AMG GTのオープンバージョンが登場|Mercedes-AMG

AMG GTのオープンバージョンが登場|Mercedes-AMG

CAR NEWS

Mercedes-AMG GT Roadster|メルセデス-AMG GT ロードスター

AMG GTのオープンバージョンが登場

6月に「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表された「AMG GT」の最強バージョン、「AMG GT R」に続き、メルセデスAMGはファン待望のオープンモデル、「AMG GTロードスター」を来たるパリ・サロンでワールドプレミアする予定だ。矢継ぎ早にラインナップを拡充するメルセデスAMG。強力なライバルが先行するプレミアムスポーツカーブランド市場において確固たる地位を築き上げるために、オープンモデルは必要不可欠だったのだ。

Text by SAKURAI Kenichi

476psと557psの2バリエーションを用意

車名は噂されたカブリオレではなく“ロードスター”。2シーターのハイエンドプレミアムスポーツカーのオープンバージョンにはいかにもふさわしいネーミングである。見てのとおり電動ソフトトップを採用するルーフ以外は従来の「AMG GT」と共通ともいえるフォルムだが、「AMG GT ロードスター」を詳しくみていくと、どうやら細部が既存の「GT」とは異なった進化版であることがわかる。

例えば、フロントセクション。台形のフロントグリルは、6月に追加されたハイパフォーマンスバージョン「AMG GT R」と同じデザインを採用している。その下に用意されるフロントスポイラーもAMG GT R譲り。さすがにAMG GT Rほどアグレッシブなデザインではないが、左右のエアインテークの形状や、それを結ぶアーチ状の意匠には近しいものがある。

Mercedes-AMG GT Roadster|メルセデス-AMG GT ロードスター
Mercedes-AMG GT Roadster|メルセデス-AMG GT ロードスター

このフロントバンパーの内部には、AMG GT R譲りとなる電子制御式グリルシャッターを内蔵。高速走行時にはシャッターを閉じで空気抵抗を低減させ、負荷に応じて開いたざいには冷却効率向上させることができる。

アンダーリップをあえてボディから切り離したようなデザインにしたのも、「AMG GT ロードスター」だけのデザイン上の特徴だ。これは従来のAMG GTとも、そして最強バージョンのAMG GT Rとも異なるフィニッシュである。

確かに最も新しいバリエーションであるAMG GTロードスターを正面から見分ける要素となるには違いないが、しかし今後登場するであろうAMG GTのマイナーチェンジ版にも採用される共通のデザインであるとも考えられる。ともすれば、AMG GTロードスターの登場と同時にパリ・サロンにおいてクーペ版のマイナーチェンジも発表されるのでは、と予想はできるが、今のところクーペ版の変更にかんしては何のアナウンスもなされていないことを念のために付け加えておく。