日本橋三越本店 美術フロア探訪|MITSUKOSHI

日本橋三越本店 美術フロア探訪|MITSUKOSHI

鈴木藏(おさむ)「志野香炉」

DESIGN FEATURES

日本橋三越本店

老舗百貨店の逸品を味わう

“KOGEI”の魅力を堪能できるミュージアム

工芸品から絵画まで、世界的にも価値のあるさまざまな作品を販売している日本橋三越本店 美術フロア。実際に足を運ぶと、古今東西の見応えのある作品の数々に、美術愛好家ならずとも目と心を奪われるはずだ。そんな、老舗百貨店の逸品を巡る旅へと誘う。

Text by OGAWA FumioPhotographs by Jamandfix

若い方にも実物に接していただきたい

美術品や工芸品と普段あまり縁がない? でも日本料理屋で出てきた器に思わず眼がいくことがあるのでは。知人の家を訪れたとき磁器の壺に花が飾られているのを見て、いい気分になったこともあるのでは。いいものは生活の気分をよくしてくれる。日本で暮らしていると、それがなんとなく理解できてくるように思う。そのためにもう少し積極的に美術工芸と付き合ってみては、というのが提案である。

お勧めは日本橋三越本店本館(の美術工芸サロン)。1907年にスタートして、才能ある作家たちの作品を扱い、創作活動を支えてきた。扱うのは絵画、彫刻、オブジェ、それに茶器や食器と幅が広い。6階の美術フロアは「日本でトップクラス」と担当者が胸を張るのも分かるほど広い床面積を使っていて、美しい品々を見ていると、素人ながらに胸が躍るような楽しい気分になってくるのは請け合う。

MITSUKOSHI|日本橋三越本店 美術フロア探訪
MITSUKOSHI|日本橋三越本店 美術フロア探訪

作品としての質が高いうえに価格もこなれている日常使いの品として人気があるのは、ぐい呑だ。手の中に包まれてしまうほどの大きさしかないが、じつは制作には大きな作品と同じ手間と時間がかかるため、作品として見ていて飽きない。100年以上の歴史とともに常日頃から鑑賞眼の鍛錬を欠かさない美術部のスタッフが選んだ作品がずらりと並んでいる。これだけの選択肢を提供できる力というのは並大抵ではないと感心する。

いっぽうで、井上萬二氏や鈴木藏(おさむ)氏など人間国宝の作品も置いてある。美術館のようなガラス越しでなく、本物を(場合によっては触れて)色合い、手触り、持った感触、雰囲気とあらゆる点で鑑賞できるのだ。美術工芸に造詣が深かった小林秀雄という評論家がいる。名著の1つが美術をめぐる評論集「真贋(しんがん)」(世界文化社)。そのなかで、味わうには見慣れることだ、としている。優れた野球の打者がボールをよく見ていることを例えとして出している。そのことを思い出した。

「私たちはいまKOGEIと呼ぶようにしています」。そう話すのは美術部のマネージャーを務める嶋田修氏だ。「ここで扱うのは日本ならではの伝統工芸ですけれど、海外でも高く評価されています。日本でも初めて美術工芸に出合ったという方にその魅力を知っていただくには、古くさいイメージは無用ですから。アクセスしやすいデパートということを利用して、若い方にも実物に接していただきたいと思っています」。

初めての人大歓迎なのだそうだ。