連載・藤原美智子 2016年8月|筋膜リリースはコレで!

連載・藤原美智子 2016年8月|筋膜リリースはコレで!

COUTURE of LIFE:Essay and a story

連載・藤原美智子 2016年8月|筋膜リリースはコレで!

「ドクターエア ストレッチロール」を使うと筋膜リリースは簡単!

実は私、「体の硬さを緩める」オタクと言ってもいいぐらいに、いろいろなグッズを使って体中のコリをほぐすことに喜びを感じる人です。そのグッズと使い方は2013年8月の連載に書きましたが、最近またひとつお気に入りグッズが増えました。それは「ドクターエア ストレッチロール」です。

Photographs & Text by FUJIWARA Michiko

私が「オタク」になった理由と経緯

その前に……。私が「体を緩めることの大切さ」に気づいた経緯については、さらに遡り2009年6月の連載に書いたのですが、簡単に言うと「体が解放されると、気持ちも解放される」ことを体でわかったから。そして「体の硬さをもっと緩めて、気持ちをもっと軽やかにしたい!」と思ったから。

それに子供の頃から異常に体が硬かったので、少しでも柔らかくなると嬉しくて楽しくて。その喜びをもっと味わいたいし、少し怠けるとすぐに元に戻ってしまう……。ということで「緩める」オタクになったというわけです。

そして普通にストレッチをするだけでなくグッズも使ったほうが、より効率よくコリをほぐせるということを実感してからは、お気に入りグッズが増えていったという次第なのです。

ドクターエア ストレッチロールの特徴

さて、このドクターエア ストレッチロールの特徴はと言うと、バイブレーション機能がついていること。ボタンを押すとブルブルと本体が震えるのですが、その振動で筋肉や骨を覆っている筋膜の癒着を緩めて、筋肉の柔軟性を高めるというものです。

この振動回数には4段階あって、最強のレベル4は1分間に3700回、3分間で1万回以上という振動数!どれくらい凄いかと言うと、その振動の強さで床が震えるぐらい(!)。アスリートも使用している、というのも頷けるぐらいの頼もしい使い心地なのです。

ところで筋膜の癒着を剥がすことを「筋膜リリース」と言いますが、この重要性は3年前から通っているピラティスの先生から聞いていて、色々なポーズをしながら筋膜リリースをしてきました。それがこの道具を使うと苦労することなく効率的に緩められるというわけなのですから、私がこれに飛びついたのも想像してもらえるかも。

体中に当ててブルブルするだけ

使い方は簡単。気になる筋肉の部分に本体を当てて、スイッチを押すだけ。私は太ももの裏側、前側、横、そして内側、つまり太もものあらゆる面に当てています。太もも周りは筋肉が硬くなっている人が多いと思うので、初めて太ももの筋膜リリースをする人はその痛さに驚くかもしれません。逆に言うと、だからこそ筋肉を緩める必要があるし、やり甲斐もあると言うものです。

ちなみに裏側と前、横は座りながら、内側は立って太ももに挟みながらブルブルしています。

それから他の道具ではなかなかできなかった膝裏。このストレッチロールの大きさと丸みが膝裏のカーブにちょうど合うせいかリリースしやすいのです。足を投げ出して座り、片足の膝裏に押し当てるようにしながらブルブルします。意外と膝裏の硬さは気がついていない人が多いようですが、ここを緩めると脚のむくみに効くし、まっすぐな脚のためにも重要な箇所。忘れてはならないポイントなのです。

他にも、ふくらはぎや背中全体、お尻にも当てているので、ほぼ身体全体に使っているということになるでしょうか。

そうそう、使い勝手のほかにこれの良いところは軽くてコンパクトなこと。それに一度、充電すると結構長持ちすること。こういう何でもないことも長く続けるには大事なポイントですよね。

運動前や後に。または身体の柔軟性を高めたい人や姿勢が気になる人にうってつけの楽チン&効果的な振動するドクターエア ストレッチロール。是非試してみて。