BMW、これからの100年|BMW

BMW、これからの100年|BMW

CAR NEWS

BMW|ビー・エム・ダブリュー

BMW役員とデザイナーが未来を語る

BMW、これからの100年

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は、7月8日に東京お台場に2万7,000㎡の広さを誇る、日本最大のショールーム「BMW GROUP Tokyo Bay」をグランドオープン。同時に100周年を迎えたBMWの上級副社長とエクステリア クリエイティブ ディレクターを招き、これからのBMWについて語った。

Text by UCHIDA Shunichi

これからのBMWのキーワードは「AECS」

BMW AGのBMW セールス&マーケティングおよびBMW Groupセールス ネットワーク担当上級副社長のイアン・ロバートソン氏は、自動車業界は、これから10年ほどのあいだに、これまでの100年以上の変化がもたらされるだろうと予測。そこでBMWは、エンジニアリング会社からグローバル テック カンパニーに変革していくとコメントする。

現在、日本をはじめ先進国では都市化が進んでおり、近年ではアジア諸国でも同様だ。「そこでは渋滞が進み、許容ができないという状況になりつつある。また、これからはデジタル化も進み、法規制も変わり、それに伴いドライバーの考え方も変わってくることを踏まえ、今年の6月に新しい戦略、“ストラテジー ナンバー ワン ネクスト”を発表した」と述べる。これは向こう100年を見据え、BMWが現在のエンジニアリング会社から、グローバル テック カンパニーに変身していくというものだ。

そして、これを支えるものが“AECS”だ。「Autonomous(自動運転)のA、Electrify(電化)のE、Connected(ネット接続)のC、そしてShareing(シェアリング)のSの頭文字で、これら要素が我々の戦略の基盤になる」と述べた。

BMW|ビー・エム・ダブリュー
BMW|ビー・エム・ダブリュー

自動運転については、インテルとモービルアイと組み、5年間で自動運転のためのオープンプラットフォームを作り、2021年には市場に導入したい考えだ。電化については、「i3」や「i8」を導入していることから、「我々はリーダーだ」とロバートソン氏。間もなくi3に次世代バッテリーを搭載し、航続距離を伸ばしたモデルを導入するとともに、2018年に、i8ロードスターバージョンを発表するなど、いくつかのイベントが控えている。同時にトヨタと提携して進めている水素に関しても、共同のプラットフォーム作成を模索していると述べる。

コネクティビティについてロバートソン氏は、「我々があらゆるところでつながっており、今となっては情報なしでは賄えないことが増えてきている」とした。最後はシェアリングだ。BMWは“ドライブナウ”や“リーチナウ”を欧米で導入しており、スマートフォンのアプリを使って、車両のシェアを行うなどのプログラムを実施。「全く新しい、しかもインテリジェントな方法でのクルマの使い方を提案し、さらに、インテルとモービルアイと共同で、史上にこれから先も参入していきたいと考えている」と語った。