BMWの日本人デザイナー、永島譲二氏インタビュー|BMW

BMWの日本人デザイナー、永島譲二氏インタビュー|BMW

特集|自動車デザインのトレンドをさぐる

BMW|ビー・エム・ダブリュー

未来へつづく“BMWのカタチ”

日本人デザイナー、永島譲二氏へのインタビュー

日本車とはちがうスタイリッシュさを求め、BMWのクルマに対して漠然とした憧れを抱く人は少なくない。だが、そのデザインを手掛けている人物が、じつは日本人だということをご存知だろうか。世界の舞台を求め旅立った日本のトップデザイナーたちは、いまさまざまな欧州のメーカーで活躍する。ここで紹介する永島譲二さんも、まさにそうしたなかの第一人者。OPENERSでは、はじめての登場だ。

Interview & Text by KAWAMURA YasuhikoPhotographs by TSUKAHARA Takaaki

今度はドイツも良いかな、と

──永島さんは1988年からBMWで活躍されていますが、じつは「その前」があって、欧州でのキャリアはもう30年以上になられるとか。

永島譲二氏(以下、永島氏) はい、じつは最初に就職したのはオペルなんです。アメリカ・デトロイトの大学を出たのですが、学校の先生のなかにオペルの上の方がいらして、1980年に入りました。当時はまだ“西ドイツ”でしたね。で、生産車にもたずさわりましたが、おもにコンセプトカーやラリーカーを担当しました。

──ところが、4年後に突然ルノーに移られた。

永島氏 ヘッドハンティングされたんです。ドイツからだと、パリには簡単に行けますよね。で、「フランス行ってみたいな、行ってみようかな」と(笑)。

BMW X5 xDrive 35d|ビー・エム・ダブリュー X5 xDrive 35d 22

Renault Safrane

──ということは、“ルノー”そのものよりも、フランスという国やパリという街への興味が大きかった?

永島氏 それもあったかも知れませんが、もちろんそれだけではありません。ルノーは当時国営で、すごく業績が悪かったんです。ところが、そうなると皆「なんとか会社を変えなくちゃ」というおもいが強くなりますよね。そうした時のほうがデザインも、色々なことにトライができるんですよ。

ヨーロッパのなかでもフランスには独特の空気があるので、あたらしい経験ができる。くわえて、会社がそんな状況だったのでこれはいよいよおもしろそうかな、と。入社をしてまずは「サフラン」という4ドアモデルのデザインを手掛けました。

──それが社内コンペで勝ち抜いた、と。

永島氏 当時のルノーのデザインは、感覚がふるかったんですよ。あまり国際化をしていなくて、「いかにもフランス人」というデザインばかりだったんです。それが良かったのかも知れません。

──ところが、そんなルノーも3年でお辞めになってしまう。

永島氏 いろいろと大変だったんですよ。「仕事が大変」というよりは、さまざまな事柄があまりにもオーガナイズされていなくて。暮らしのリズムというか、ライフスタイルがちょっと大変になってきてしまったんです。もちろん良いところもたくさんありましたけど。で、今度はドイツも良いかな、と(笑)