CES 2016リポート 後編 自律走行車、成否の鍵は「エモーション」

CES 2016リポート 後編 自律走行車、成否の鍵は「エモーション」

CAR FEATURES

CES 2016リポート 後編

自律走行車、成否の鍵は「エモーション」

毎年1月にラスベガスで開催されるコンシューマー エレクトロニクス ショー(CES)。その名前のとおり家電がメインのショーであるが、世界が注目する最先端の電子技術を披露する場ということもあり、近年は電子化が進む自動車業界も積極的に出展し存在をアピールする。その様子を、前後篇にわけて大矢アキオ氏がリポート。

Text & Photographs by Akio Lorenzo OYA

グーグルは自動車を造るのか

世界最大級の家電・エレクトロニクス見本市「CES」は、業界関係者およびジャーナリストに向けたプロ向けイベントである。期間中、開催地であるラスベガスへ向かう飛行機の乗客は、ほぼすべてCESビジターといってよい。

筆者がニューヨークから登場したアメリカン航空機もしかりだった。隣に座っていたのはイスラエル系のプロダクトデザイナーだった。彼は手がけているウエアラブル端末について触れ、「市場には400ドル以上の商品が多いが、実はユーザーが投じて良いと思っている金額は200ドル程度が限界」という。そのため、デザインにも少なからず制約が生じると教えてくれた。

Ford|フォード
Ford|フォード

やがて彼の話題は近年のCESにおけるスターである「自律走行車」に飛んだ。彼は「グーグルが自律走行EVで自動車業界に進出間近というが、彼らが自身で生産設備をもつことはないだろう」という。

EVの構造は内燃機関より格段にシンプルで、パーツのサプライチェーンも簡略にできる。しかし、自動車産業が蓄えたヴィークル ダイナミクスや星の数ほどあるレギュレーションのノウハウを習得し、かつ重厚長大な前世紀的生産設備を彼らが抱えるのは、たしかに考えにくい。

ちなみに、今回は開幕前「グーグルがフォードと自律走行車で提携か」といった憶測がメディアをにぎわせたが、実際にフォードがCESで提携先として発表したのはアマゾンで、アマゾンの音声認識システム「エコー」を介した車とスマートホームの連携などにとどまった。