ビーズインターナショナルの新業態「COMMUNITY MILL」がオープン|B’s INTERNATIONAL

B's INTERNATIONAL|横浜でカリフォルニアライフを体感「COMMUNITY MILL」

DESIGN NEWS

B’s INTERNATIONAL|ビーズインターナショナル

コンセプトは「Urban California Life」

横浜の倉庫街に生まれたニューショップ「COMMUNITY MILL」

「海沿いの倉庫街に街路をつくる」という発想から生まれたストリートスケープ型商業施設「MARINE & WALK YOKOHAMA」が2016年3月4日に開業。1階にはビーズインターナショナルが手がける新業態「COMMUNITY MILL(コミュニティ ミル)」がオープンした。コンセプトは「Urban California Life」。潮風を心地よく受けるこの場所で、カリフォルニアの風土から生まれた自由なスタイルを提案していく。

Text by WAKABAYASHI Satsuki

オリジナルのシロップソーダを楽しめる「SODA BAR」を併設

「COMMUNITY MILL」のキーワードは“リラックス”。店頭にはカリフォルニアのみならず、世界各地から集めたこだわりの陶芸、家具、植栽、雑貨、ルームウェアが並べられ、海だけではない大らかなカリフォルニア流の生活を提案。作り手の顔が垣間見え、カリフォルニアの都市生活者のライフスタイルまでも感じさせる魅力溢れる商品が立体的に編集され、並んでいる。

COMMUNITY-MILL_05
COMMUNITY-MILL_06

店内には旬の果物をたっぷり使ったシロップソーダを中心に提供する「SODA BAR(ソーダ バー)」を併設。鹿児島の「花の木農場」の無添加のソーセージと天然酵母のパンを使ったホットドッグや、地元横浜の「ブラフベーカリー」の焼き菓子など、ソーダにもぴったりなフードメニューも用意。買い物途中の足休めや小腹が空いた時には絶好の場といえる。また、タンブラー、マグカップ、Tシャツ、キャップなどオリジナルグッズも販売。「SODA BAR」のポップなロゴが映えるアイテムは、どれもお土産に喜ばれそうだ。

インテリアデザインとフードの商品開発は、「Landscape Products」が担当

「COMMUNITY MILL」と「SODA BAR」の世界観を演出する脇役たちにも注目。インテリアデザインとフードプロデュースは、東京・千駄ヶ谷を拠点にライフスタイルを提案する「Landscape Products」が担当。

COMMUNITY-MILL_05
COMMUNITY-MILL_06

ロゴデザインは、サンフランシスコの活版印刷のショップ兼ギャラリー「THE AESTHETIC UNION」が制作した。また店内で流れる心地よいBGMは「GOOD NEIGHBORS’ MUSIC VENDOR」が監修。西海岸の風を感じるフォーキーなサウンドを中心に、過去から現在までのカリフォルニアミュージックでショップのコンセプトを表現している。

幅広い世代が楽しむことができる「COMMUNITY MILL」は、新たなランドマークになるべくショップ。訪れる人びとが空間や暮らしを共有しながら、文字通りコミュニティを育む存在となるだろう。

COMMUNITY-MILL_05

COMMUNITY MILL(コミュニティ ミル) / SODA BAR(ソーダバー)
場所|『MARINE & WALK YOKOHAMA』1F
神奈川県横浜市中区新港1-3-1
TEL|045-263-6448
http://www.communitymill.jp/
http://www.sodabar.jp/