エイチ・ワイ・ティー|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|HYT

SIHH2016|ジュネーブサロン特集

HYT|エイチ・ワイ・ティー

ホワイトとブルーの液体によるレトログラード(1)

液体を使って、往復運針するレトログラードのように計時を行う時計で、時計ファンにお馴染みになったHYT。“液体機械時計師”(ハイドロ・メカニカル・オロロジスト)を標榜して、驚きのアイデアを結実させた彼らのSIHHデビューを飾ったのは、ホワイトとブルーのツートーンが映える時計だった。

Text by KAWADA Akinori

クラシック&モダンの融合

HYTは、本当に不思議な腕時計ブランドだ。機械式腕時計の内部に水を通すシステムが発表されたのは、2012年。以来、このコンセプトを踏襲したユニークなモデルがスイスのバーゼルワールドで発表されてきた。ベローと呼ばれる着色された特殊な液体をを送り込むポンプによって、時刻が表示されるという。HYTが、SIHHに姿を現した。

1-1エイチ・ワイ・ティー|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|HYT
1-1エイチ・ワイ・ティー|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|HYT
1-1エイチ・ワイ・ティー|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|HYT

HYT最新作はカラーバリエーションの充実に力を入れており、ホワイトとブルーのツートーンカラーが眩しい時計を2本リリースした。1本は、これまでのHYTのイメージとは異なるクラシック路線。もう1本はややモダンな雰囲気。いずれも時計にエレガントな香りをまとわせ、腕時計の新たな世界を切り開いたデザインといえる。

独創性の確立

今回登場した「H2 トラディション」は、これまでの「H2」のイメージを大きく変える劇的なモデルとなった。これまでの近未来的なフォルムとは異なり、12時位置寄りのオフセンターに分表示盤、それに寄り添う形で、小ぶりな秒表示を配している。これで、脱進機をはじめとする機構を隠すと、一気に時計のメカっぽさが緩む。

文字盤はホワイト、分針と秒針がブルー。時分秒を別個に表示する古風なレギュレーター時計の趣さえ感じてしまう。これに合わせるように、文字盤の外周はホワイトとし、時刻インデックスはローマ数字に。時刻を示す液体もブルーにしている。

そのスタイルは、まさに優雅にして、クラシカルな装いだ。HYTの時計のスタイルを一新させる好デザインである。

1-1エイチ・ワイ・ティー|SIHH 2016 ジュネーブサロン速報|HYT

H2 トラディション
ケース|18Kホワイトゴールド+チタン
直径|48.8mm
厚さ|17.9mm
ムーブメント|手巻き
機能|液体レトログラードの時刻表示リューズ機能インジケーター
ストラップ|ラバー
防水|5気圧
限定数|50本
発売時期|9月予定
予価|3300万円(税別)

Page02. ホワイト+ブルーの優雅さを再認識させたモデル

問い合わせ先

ノーブルスタイリング

Tel. 03-6277-1604

http://noblestyling.com/