新型フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランに試乗|Volkswagen

新型フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランに試乗|Volkswagen

CAR IMPRESSION

Volkswagen Golf Touran|フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン

新型フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーランに試乗

道具として使い倒したくなるクルマ

11年ぶりにフルモデルチェンジを受けた、フォルクスワーゲンのコンパクトミニバン「ゴルフ トゥーラン」。同社が誇る最新の生産方式「MQB」を採用し、最新の安全装備も満載した同モデルにさっそく試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

コンパクトな外寸と機能性の高いインテリア

フォルクスワーゲン「ゴルフ トゥーラン」は、使い勝手のいいサイズのミニバンだ。全長4,535mm。4,265mmのゴルフとそう変わらないサイズでありながら、7人乗車と機能性は高い。

9年ぶりのフルモデルチェンジを受けたゴルフ トゥーランは、観た目の印象も好ましい。新型パサートにも通じる、水平基調のラインでシャープになったフロントマスクが魅力的だ。ファミリーから趣味用途まで、広い層にアピールするシャープなルックスだと感じられる。

Volkswagen Golf Touran|フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン
Volkswagen Golf Touran|フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン

エンジンは1.4リッター4気筒。従来型より出力で10ps増えて150ps(110kW)。トルクも30Nm増えて250Nmとなっている。それに対して重量は20kg軽減。「コンパクトMPV(注:マルチパーパスビークル)ではトップクラスのパフォーマンス」(フォルクスワーゲングループジャパン)と謳われる。変速機は7段ツインクラッチの2ペダル式で、前輪駆動だ。

トゥーランの最大の特徴は、コンパクトな外寸と、機能性の高いインテリアの組み合わせだろう。従来型より130mm長くなり、35mm幅広くなり、30mm低くなったボディに対して、ホイールベースは110mm延長。2列目には3つとも独立して前後スライドするシートが、3列目にはワンタッチでたためる2つのシートが備わる。

Volkswagen Golf Touran|フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン
Volkswagen Golf Touran|フォルクスワーゲン ゴルフ トゥーラン

前席以外の5つのシートは折りたたむと、段差のないラゲッジフロアを作れる。3列目のシートをたたんだときの荷室容積は917リッターと大きい。さらに、2列目もたたむと1,857リッター。助手席のバックレストも折りたためる。コンパクトな外寸に対して驚くほどの収納力だ。サーフボードだろうが自転車だろうが、物理的に収納は可能である。なお3列目シートは足元のフロアはくぼんでいないため、大人が長時間はつらい。チャイルドシートにはぴったりだ。

モデルは3つ設定されている。エントリーモデルがTSIトレンドライン(284万7,000円)。その上がTSIコンフォートライン(317万円)。トップモデルがTSIハイライン(376万9,000円)。パワートレインは共通。受注生産のトレンドラインは装備が簡略化されていて、レーンキープアシストやアダプティブクルーズコントロールなどはオプションでも装着できない。

操縦性がけっこういいのは、驚くべき点だった。