スカンジナビアンラグジュリーを打ち出すボルボS90|VOLVO

スカンジナビアンラグジュリーを打ち出すボルボS90|VOLVO

CAR NEWS

Volvo S90 T8 Twin Engine|ボルボ S90 T8 ツインエンジン

スカンジナビアンラグジュリーを打ち出すボルボS90

欧州ではドイツ御三家やジャガー、さらにグローバルで見ればレクサスやインフィニティがひしめくEセグメントに、北欧から新たなプレーヤーが現れた。ボルボは、新世代のフラッグシップサルーンとして、新型「S90」を発表したのだ。

Text by NANYO Kazuhiro

新モジュラープラットフォームとPHEVパワートレーンを採用

2016年初頭のデトロイトショーに先立って、ボルボは新しい「S90」を地元イェーテボリで事前公開した。欧州ではメルセデス・ベンツ「Eクラス」やBMW「5シリーズ」、アウディ「A6」やジャガー「XE」らと、そして北米市場ではレクサス「GS」やインフィニティ「Q70」らに相まみえる、プレミアムエグゼクティブサルーンである。

先代のS90といえば、1990年代にボルボのラインナップで最上級モデルだったFR駆動のサルーンで、「ロイヤル」というグレードには、エルメスによるレザー内装のオプションまで用意されるなど、独自の豪華さを誇った一台だった。新しいS90に与えられた使命はまさしく、プレミアムサルーンの世界において、スカンジナビアンデザインや北欧発のラグジャリーを再発信し、新たな橋頭堡(きょうとうほ)を築くことにある。しかも2016年から先の時代に求められるカタチで。

Volvo S90 T8 Twin Engine|ボルボ S90 T8 ツインエンジン
Volvo S90 T8 Twin Engine|ボルボ S90 T8 ツインエンジン

ここ最近、日本市場で自動ブレーキを先駆けて採用したりディーゼルを積極展開するなど、「オルタナティブ」のカードを切って攻勢を強めている印象のあるボルボだが、じつは2016年にはさらなる野心的な展開が待っている。まず春先には新型「XC90」が日本に上陸する。これはフォード傘下から独立して以来、初の自社開発プラットフォーム「SPA(スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャ)」と、中期的なパワートレイン戦略の中でトップグレードを担う「T8 Twin Engine」というPHEV(プラグイン・ハイブリッド)を採用した旗艦SUVだ。

SPAは欧州メーカーがこぞって力を注いでいるモジュラープラットフォームのひとつ。ボルボのそれはPHEV化を睨んで、バッテリーを含むマス配分やボディ剛性、衝撃吸収性など、あらゆる観点から最適化が図られている。XC90はデビューイヤーの2015年中から欧州や北米で高い評価を得ており、当初の予定を上回る販売台数を積み上げているだけでなく、自動車雑誌が選ぶ年間最優秀モデルに選ばれ、欧州COTYの7台の最終ノミネートにも残っている。

つまりこの第1弾に継ぐ第2の矢、同じSPAプラットフォームとPHEVパワートレインの上に成り立つサルーンが、新しいS90というわけだ。加えてボルボは2020年までに、これら新世代のモデルにおける事故死者や重傷者をゼロにするという、安全性の新たな独自基準にもコミットしている。