ボルボ V40 D4のスポーティな特別仕様車に試乗|VOLVO

ボルボ V40 D4のスポーティな特別仕様車に試乗|VOLVO

CAR IMPRESSION

VOLVO V40 D4 R-Design|ボルボ V40 D4 R-デザイン

ボルボ V40 D4のスポーティな特別仕様車に試乗

ロングツーリングのいいパートナー

4ドアハッチバックの「V40」に2リッター4気筒ディーゼルエンジンを搭載した「V40 D4」がデビューしたのが2015年6月のこと。このたび同モデルに、よりスポーティな特別仕様車である「R-Design」が登場した。モータージャーナリスト小川フミオ氏によるインプレッションをお届けする。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

固められた足まわりと専用の内外装が特徴

ボルボって面白い。いわゆる“順列組み合わせ”的な車種構成が徹底しているからだ。消費者目線が徹底しているというべきか。最近の注目は、「V40 D4 R-Design」だ。コンパクトな車体、燃費にすぐれるディーゼルエンジン、楽しい操縦性。3つの重要な要素を組み合わせて、1台に仕立てあげてしまった。

2015年12月に日本発売開始されたV40 D4 R-Design。従来から人気のある4ドアハッチバックのV40に、2リッター4気筒ディーゼルエンジンが搭載されたのが2015年6月だった。これに組み合わされたR-Designは、固められた足まわりに、専用の内外装などを特徴とするスポーティ仕様だ。

スポーティな仕様は、そもそも、日本市場でずっと人気を博している。メルセデスでいえばAMGエディション、BMWはMスポーツ、アウディはSラインと、ドイツ車のラインナップでは、その人気ぶりが証明ずみだ。ボルボのR-Designも、けっこう長い歴史を持つ。

VOLVO V40 D4 R-Design|ボルボ V40 D4 R-デザイン
VOLVO V40 D4 R-Design|ボルボ V40 D4 R-デザイン

「ボルボのディーゼルは、燃費とともに、スポーティなキャラクターを特徴としています。そちらの個性を活かした、日本市場にはライバルがないモデルです」。ボルボカージャパンの広報が胸を張るのが、R-Designチューンを施されたこのモデルなのだ。

R-Designとはなにより「スポーツシャシー」を備えていることを意味する。ボルボ車には、じつは3タイプのシャシーが用意されている。「ツーリングシャシー」「ダイナミックシャシー」そして今回V40 D4 R-Designで追加された「スポーツシャシー」だ。

スポーツシャシーの中心はスポーツサスペンション。スプリング剛性はダイナミックシャシーに対してフロントで10パーセント、リアで7パーセント上がっている。ダンパーも専用。とりわけリアサスペンションには、路面との追従性を上げる目的でモノチューブダンパーが備わっているのが注目に値する。そして前後ともに硬くなったぶん、バンプストップも強化されている。

VOLVO V40 D4 R-Design|ボルボ V40 D4 R-デザイン
VOLVO V40 D4 R-Design|ボルボ V40 D4 R-デザイン

V40 D4 R-Designには、もうひとつ、「ポールスターパフォーマンスパッケージ」(18万8000円)もオプションで用意される。特徴は、エンジンROMチューンが施されているところだ。出力が7.4kW(10ps)、トルクが40Nm上がっている。とりわけエンジン回転の中間領域においてパワー感を出すことを重視した、とボルボカージャパンでは説明する。

ポールスターとは、ボルボと同じ、スウェーデンはイエテボリに本拠を置くチューニングメーカー。正式社名は「ポールスターレーシング」というように、レース車両の制作がメインの仕事だ。同時にボルボとは、同社が1996年に設立されていらい、レースのパートナーとしての関係を築いてきた。昨今は、S60やV60にスポーティなポールスターエディションが設定されるなど、ボルボのスポーティイメージを高めるのに貢献している。

V40 D4 R-Designは、これディーゼル?というクルマだった。