Dunhill Motorities meets ラリーニッポン 祐真朋樹 × 九島辰也 特別対談 前篇

Dunhill Motorities meets ラリーニッポン 祐真朋樹 × 九島辰也 特別対談 前篇

CAR FEATURES

Dunhill Motorities meets ラリーニッポン 祐真朋樹 × 九島辰也 特別対談 前篇

スタイリッシュさではツートップ(1)

イギリスを代表するラグジュアリーブランド、ダンヒル。創業間もない19世紀末にモータリゼーションの到来を予見し、クルマ乗りのための機能的なアイテムを打ち出す。以来、今日に至るまでファッションとモーターカルチャーの架け橋となる唯一無二のブランドとして高い人気を誇っている。MotoringとAuthoritiesを組み合わせた造語「Motorities(モートリティーズ)」をコンセプトとするダンヒルは、クラシックカーによるラリーイベント「ラリーニッポン」をサポートしていることでも知られている。2015年10月に開催された第7回大会では、ファッッションディレクター祐真朋樹氏と、モータージャーナリスト九島辰也氏がダンヒルのアイテムを身に纏い参戦した。今回が初対面ながら、「クルマ」や「ファッション」など近い価値観を持つ二人が、共に走った4日間を振り返った。

Text by NORISHIGE Seiichi

ラリーニッポン初となる四国上陸

世界遺産をはじめ、様々な文化遺産をクラシックカーに乗って巡る。そんなオトナの休日旅のようなラリーが、「ラリーニッポン」である。

2015年、7回目を迎えたこのイベントは、これまで数々の場所を訪れてきた。はじめは東京スタート、京都ゴールだったが、一昨年は台湾まで遠征した。昨年は初の九州スタートで、太宰府、厳島神社、出雲大社、姫路城などを巡り、京都にゴールした。

祐真朋樹 × 九島辰也ラリーニッポン参戦 特別対談 前篇3-P1010688

祐真朋樹氏

祐真朋樹 × 九島辰也ラリーニッポン参戦 特別対談 前篇3-P1010688

九島辰也氏

そして今年。スタートはラリーニッポンになじみ深い京都。その後、四国を半時計回りに走り再び京都にゴールする運びとなった。このイベント初の四国上陸である。

そんなラリーニッポン2015に、モータージャーナリスト九島辰也氏とファッションディレクター祐真朋樹氏が参加した。このイベントの常連である九島氏は、愛車「トライアンフ スピットファイア」での参加。

一方、クルマ愛は強いもののクラシックカーはもとより、こういったイベントが初めての経験となる祐真氏。それぞれの分野で活躍する二人が、ドライバー、コドライバーとしてペアを組み4日間をともにした。

はたして、二人にとって今回のラリーニッポンはどんな旅になったのだろう。ダンヒル銀座本店の3階ラウンジ“THE AQUARIUM”にて、ラリーニッポン2015を振り返りながら、グラスを傾けた……。

Page02. 日本の原風景と人情に触れながら四国を巡るクルマ旅

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]