Dunhill Motorities meets ラリーニッポン 祐真朋樹 × 九島辰也 特別対談 後編

Dunhill Motorities meets ラリーニッポン 祐真朋樹 × 九島辰也 特別対談 後編

CAR FEATURES

Dunhill Motorities meets ラリーニッポン 祐真朋樹 × 九島辰也 特別対談 後編

スタイリッシュさではツートップ(1)

イギリスを代表するラグジュアリーブランド、ダンヒル。創業間もない19世紀末にモータリゼーションの到来を予見し、クルマ乗りのための機能的なアイテムを打ち出す。以来、今日に至るまでファッションとモーターカルチャーの架け橋となる唯一無二のブランドとして高い人気を誇っている。MotoringとAuthoritiesを組み合わせた造語「Motorities(モートリティーズ)」をコンセプトとするダンヒルは、クラシックカーによるラリーイベント「ラリーニッポン」をサポートしていることでも知られている。2015年10月に開催された第7回大会では、ファッッションディレクター祐真朋樹氏と、モータージャーナリスト九島辰也氏がダンヒルのアイテムを身に纏い参戦した。今回が初対面ながら、「クルマ」や「ファッション」など近い価値観を持つ二人が、共に走った4日間を振り返る、その後編。

Text by NORISHIGE Seiichi

ギャラリーを魅了するヒストリックデザインと個性的な二人のスタイル

ラリーニッポンの大会趣旨は、日本の歴史的に重要な地域を巡ることで、世界に誇るべき日本の美しい宝を再発見することにある。それゆえに、地元自治体やボランティアの協力が必要不可欠。人と人が触れ合うことで何かが生まれる。このラリーは単なる愛車自慢でも自動車競技でもないのだ。

祐真 見学に来ている一般のギャラリーから「カッコイイ!」って、クルマウケがよかったのも印象的でした。ボクは思わず助手席からピースしていました(笑)。

九島 「あれジャガー? 」なんて声もありましたけどね(笑)。

祐真 ボディカラーがまたいいんですよ。あれは深いグリーン?

九島 実はブラックなんです。いろいろ調べて、最近のクルマのようにキラキラしていない顔料を探して決めました。

祐真 たぶんスタイリングでいうと我々コンビは十指に入るんじゃないかと思いましたね。ラリー中、毎日「カッコイイ! 」って言われましたから。

祐真朋樹 × 九島辰也ラリーニッポン参戦 特別対談 前篇3-P1010688

Jaguar XK120 FHC

祐真朋樹 × 九島辰也ラリーニッポン参戦 特別対談 前篇3-P1010688

BENTLEY 6.5L SPEED SIX(左)とBENTLEY 4.5 BLOWER

九島 トライアンフの中でも、スピットファイアはイタリア人の(ジョヴァンニ)ミケロッティがデザインしたモデル。たぶん、イギリス人ではこのカタチにできなかったでしょうね、ベタ過ぎて。他国のデザイナーが外から俯瞰して見ることができたからこそ、英国車とはかくあるべき、という姿にデザインできたのかなと。

祐真 なるほど。そういえば真っ赤なジャガーもよかった。

九島 「XK120」ですね。ウィリアム・ライオンがデザインして、後の「Eタイプ」の祖となったモデルです。英国の工業デザイン部門でサーの称号を授与された人物の作品です。

祐真 古いイギリス車が多かった印象がありますね。

九島 イタリア車もクラシックの世界では大切にされています。主に戦後のモデルが多くなりますけど。

祐真 時代的に古いものほどデザインに遊びがある。ゼッケンの数字が大きくなると、だんだん今風のデザインになるなと思いながらまわりを眺めていました。

九島 今回のエントリーリストでいうと、1929年型のベントレーから1973年型のアルファ・ロメオまで、44年間の歴史の流れがあるわけです。

Page02. クラシックのヒエラルキーに囚われない遊び心のあるスタイル

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …