先進技術が示す、日産のミライノクルマ 後編|Nissan

先進技術が示す、日産のミライノクルマ 後編|Nissan

CAR FEATURES

交通に思いやりある自動運転を目指して

先進技術が示す、日産のミライノクルマ 後編

東京モーターショーで自動運転の電気自動車「IDSコンセプト」を出展し、注目を集めた日産自動車。すでに「リーフ」をもってEVを普遍的な自動車としつつある彼らは、この先のクルマをどう考えているのか。日産の先進技術開発センター(NATC)を訪れた大谷達也氏が、紹介された最先端技術をもとに、彼らが見据える“未来のクルマ”についてリポート。後篇はおもに、各社が研究開発にちからをいれる自動運転を、日産がどのように実現しようとしているのかを考察する。

先進技術が示す、日産のミライノクルマ 前編へ

Text by OTANI Tatsuya

自動運転は実現可能か

では、電動化とともに日産が取り組むもうひとつの柱である知能化はどうか?

いうまでもなく自動運転は世界中の大手自動車メーカーが開発を進める、いまもっとも注目されている技術だ。もっとも、自動運転といっても千差万別。じつは、メルセデスが先鞭をつけた高機能アダプティブクルーズコントロール“ディストロニックプラス ステアリングアシスト”も自動運転の一種で、アメリカの国家道路交通安全局(NHTSA)や日本の国道交通省はこれをレベル2と呼んでいるが、さらにこの上にはすべての運転操作をクルマ自身が行うレベル3や、もはや人間は目的地を入力するだけであとはすべてクルマが自動的に判断や操作を行うレベル4が控えている。

Nissan IDS Concept|日産 IDSコンセプト

東京モーターショーで発表された自動運転EV「IDS Concept」

Nissan IDS Concept|日産 IDSコンセプト

ところで、自動運転は本当に技術的に実現可能なのだろうか? 私自身は、いつかは完全自動運転が実用化されると信じている。もちろん、現在よりもはるかに高度な計算を可能にする大容量のコンピューターやメモリーを安価に手に入れられるようになることが必要だし、適切な判断を素早く下すアルゴリズムの開発も重要だろう。

とはいえ、過去20年間、いや10年間に起きた技術の進歩を振り返れば、こういった部分の進化は時間さえかければ確実に達成できるのは明らか。あとは細密な3D地図データの構築と更新、そしてレーザースキャナーの低価格化が残された課題といっていいだろう。

今回のイベントでニッサンは「レーザースキャナーの量産プロトタイプ」を発表した。つまり、レーザースキャナーを量産車に搭載できるレベルまで価格を抑える目処が立ったというのである。その詳細について紹介する前に、レーザースキャナーとは何かについて説明しよう。