東京モーターショー2015 対談 後篇|Tokyo Motor Show 2015

東京モーターショー2015 対談 後篇|Tokyo Motor Show 2015

MINI Convertible

CAR FEATURES

Tokyo Motor Show 2015|東京モーターショー 2015

ジャーナリスト2人が総括

東京モーターショー2015 対談 後篇

10月28日から11月8日まで開催された第44回東京モーターショー。ちかい将来を期待させるモデルから市販車まで、数多くのワールドプレミア、ジャパンプレミアが登場し盛り上がったいっぽう、近年のモーターショーで定着しつつあるエコを意識したEVやPHEVにくわえ、自動運転のクルマにも注目が集まった。そんな熱気ある会場を見てまわった、小川フミオ氏と島下泰久氏、2名のジャーナリストによる総括、後篇。

東京モーターショー2015 対談 前篇へ

Talk by OGAWA Fumio & SHIMASHITA YasuhisaText by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

自動運転への提言

小川 自動運転では島下さん、言いたいことがあるんでしょう?

島下 あるんですよ。

島下 日産自動車の「IDSコンセプト」は、おもしろかったですね。「日産ブランドが目指す自動運転の方向性を示したクルマであり、電気自動車(ゼロ エミッション)の将来を予見させるコンセプトカーです」と説明されるモデルです。

小川 日産自動車はここにきて自動運転技術にかなり力を入れているようですね。

島下 彼らは、自動運転で交差点曲がるところまで可能にしたというんですよね。トヨタ自動車は、クルマと人間が手をとりあって運転することがベストな在り方という、自動運転への考えを示しています。IDSコンセプトも同様なんですよ。運転者とクルマが同じ立場。

そうすると何が起きるかというと、たとえば、交差点曲がるとき、人がぱらぱら渡っていて、すんなり曲がれなかったらどうすんの?という質問には、その時の操縦は機械まかせにしないで、人間がオーバーライドすればいいんですよと日産の技術者は考えを示してくれました。僕はそれはすごく正しいと思ってます。自動運転技術はありますが、人間が何もしなくていいわけではありませんよとはっきりメーカー側のコンセプトが示されたモデル。いいじゃないですか。

Nissan IDS Concept|日産 IDSコンセプト

Nissan IDS Concept

Nissan IDS Concept|日産 IDSコンセプト

自動運転モードのフロントシート

小川 メルセデス・ベンツは自動運転の実験車、F015 ラグジュアリー イン モーションを持ちこんでいますね。2015年ラスベガスでのCES(コンシュマー エレクトロニク スショー)でお披露目して、つづくデトロイトでの北米自動車ショーで自動車プレスに見せたあと、世界中を巡回して、今回は香港から東京にやってきました。自動運転や周囲の交通とのハーモナイゼーションについてのメルセデスの考え方を、あの車両を通して一般に伝える役割を果たしてきましたよね。

島下 未来の社会を分析して、そこでクルマがどうあるべきかをプレゼンしている。いかにもメルセデスらしい。

小川 このクルマは前後のシートがラウンジのように対面式になって、ハンドルを握っていなくても走れることを想定しています。日産自動車のIDSコンセプトとは方向性がちがいますね。

島下 メガシティ化して人口も交通も過密化する社会において、自動運転は事故を避けつつ,移動を快適にするために、避けられない技術なんでしょうね。

Mercedes-Benz F015 Luxury in Motion|メルセデス・ベンツ F015 ラグジュアリー イン モーション

Mercedes-Benz F015 Luxury in Motion

Mercedes-Benz F015 Luxury in Motion|メルセデス・ベンツ F015 ラグジュアリー イン モーション

自動運転モードのフロントシート

小川 未来のクルマはアプリケーションでも決まっているんでしょうね。自動車は「強弱」という要素が、アクセルペダルとブレーキペダル以外はコントロールにほとんどないけれど、今後、あたらしいiPhoneの操作のように「強弱」が出てきてもいいと思うんです。

島下 僕もそういうアナログ感って欲しいと思うんです。ダイヤル回して、今日はこのぐらい自動運転でやってくださいとかプリセットできればいいですよね。

小川 そうですよね。

島下 今日は危険なときだけ助けてくれとか。今日はお疲れモードだから基本運転はクルマにまかせるとか。

小川 自動運転にユーザーが求める曖昧さをどれだけ採り入れていくかですね。

島下 ところで輸入車にも注目すべきものがけっこうありましたね。