東京モーターショー2015 対談 前篇|Tokyo Motor Show 2015

東京モーターショー2015 対談 前篇|Tokyo Motor Show 2015

CAR FEATURES

Tokyo Motor Show 2015|東京モーターショー 2015

ジャーナリスト2人が総括

東京モーターショー2015 対談 前篇

10月28日から11月8日まで開催された第44回東京モーターショー。ちかい将来を期待させるモデルから市販車まで、数多くのワールドプレミア、ジャパンプレミアが登場し盛り上がったいっぽう、近年のモーターショーで定着しつつあるエコを意識したEVやPHEVにくわえ、自動運転のクルマにも注目が集まった。そんな熱気ある会場を見てまわった、小川フミオ氏と島下泰久氏、2名のジャーナリストによる総括を前後篇にわけてお伝えする。

東京モーターショー2015 対談 後篇へ

Talk by OGAWA Fumio & SHIMASHITA YasuhisaText by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

2015年、東京モーターショーの価値

小川 私たちは、デトロイトとかジュネーブとかフランクフルトとか、海外での自動車ショーに出かける機会があります。その中で、東京モーターショー、おもしろかったですか?

島下 当初の期待値より、おもしろかったです。ここ数回は、なんというか、沈んだイメージがありましたけれど。今回はちがっていました。国産車も輸入車も、けっこう見るべきモデルがありましたね。熱気もあって、いいショーだったと思います。

小川 はじまる前は、日本プレミアムがどれだけあるかとか、そういう目で事前に評価していまいがちですよね。でも今回のショーを見ていて、じつはそこは本質的な価値ではないのではないかと思うようになりました。

島下 いままでは、2050年ぐらいのモデル?みたいな荒唐無稽なコンセプトカーとか多かったけれど、今回、トヨタとレクサスとマツダは、近未来のいい予感を抱かせてくれるコンセプトを見せてくました。

小川 具体的な車名を教えていただけますか。

Toyota S-FR|トヨタ S-FR

Toyota S-FR

Honda NSX|ホンダ NSX

Honda NSX

島下 トヨタ「S-FR」。レクサス「LF-FC」。マツダ「RXビジョン」。その3モデルは、海外メディアに東京に来た価値を感じさせる内容があったと思います。

小川 一般の人にはホンダ「NSX」だって価値ですよね。

島下 マツダRXビジョンは夢を見させてくれるクルマでした。

小川 あれは現実的なんですか?

島下 あれだけ見せて、やりませんっていうのはもう言えないでしょうから。すごい覚悟のあるコンセプトカーだと思うんですよね。

小川 スカイアクティブRという技術だそうですね。