ターボ化した新世代911 カレラに迫る|Porsche

ターボ化した新世代911 カレラに迫る|Porsche

CAR FEATURES

Porsche 911 Carrera|ポルシェ 911 カレラ

ターボ化した新世代911 カレラに迫る

今年9月、ポルシェは「911 カレラ」シリーズをマイナーチェンジ。これまでのNAエンジンに代わって、はじめてターボチャージャー付きのパワーユニットを搭載することを発表した。デビューいらい7代に渡りつづいてきたひとつの伝統は、ターボ化によってどう変化していくのか。ワークショップが開催されたドイツ・ホッケンハイムサーキットから、これからの911について、河村康彦氏がお届けする。

Text by KAWAMURA Yasuhiko

奇跡のスポーツカー

誕生以来すでに半世紀以上という他に例を見ない長寿モデルでありながら、そうした時間を生き抜いてきた7代のすべてが、常にその時々のライバルを寄せ付けない走りのポテンシャルを披露して人々を魅了。そんな実績がさらなる評判を呼んで、いまへとつづく名声を確立させたのがポルシェ「911」という”奇跡のスポーツカー”だ。

敬意と愛情を込め”カエル顔”とも揶揄をされる独特のフロントマスクに、リアエンジンのレイアウト。さらには、水平対向6気筒という稀有なデザインによるエンジンに、それらを包む猫背型プロポーションのボディ ―― と、「それを失ったら、もう911ではないでしょ」という、さまざまなアイコンを携えるこのモデル。

327_35_Porsche 911 Carrera S Cutaway
327_07_Porsche_911_Carrera_S

Porsche 911 Carrera S

そんな911に衝撃のニュースが伝えられた。このほど開催されたフランクフルトショーで正式発表され、日本でもすでに受注がおこなわれている最新カレラ シリーズのエンジンに、排気量をダウンさせた上でターボチャージャーをくわえた、新開発のユニットが採用されたのだ。

そんなエンジンの話題を中心として、新型に採用されたあらたなテクノロジーにスポットライトを当てたワークショップが本国ドイツで開かれた。

ホッケンハイムのサーキットを舞台に開催されたそのイベントは、ポルシェの開発中枢であるバイザッハ研究所所属のテストドライバー氏が駆るそんな新型への”タクシーライド”付き。残念ながら、自身でドライブした印象を報告できるのはもうしばらく先になりそうだが、まずはそんな”現場”で仕入れた情報をお伝えしてゆきたい。