シボレー コルベット Z51に試乗|Chevrolet

シボレー コルベット Z51に試乗|Chevrolet

CAR IMPRESSION

Chevrolet Corvette Z51|シボレー コルベット Z51

シボレー コルベット Z51に試乗

アメリカが誇るスポーツカーの雄、シボレー「コルベット」。2013年から7代目の「C7」へとモデルチェンジし、初代誕生から60年にもわたる歴史を連綿とつないでいる。今回はノーマルモデルに手をくわえたハイパフォーマンス仕様の「Z51」に、九島辰也氏が1ヵ月にわたり試乗をおこない、日常で実用性を交えたリポートをお届けする。

Text by KUSHIMA Tatsuya

あえてホットバージョン「Z51」に注目

去る5月30日に「コルベット」の最強モデル「Z06(ジーオーシックス)」が発表されたのをご存知だろうか。場所はASAMA2000。“浅間ヒルクライム”というカーイベントの一角である。

659psを発揮するZ06はまさにコルベット史上最強モデル。6.2リッターV8+スーパーチャージャーというパワーユニットと高剛性&軽量ボディは、0-100km/hが3秒以下というから恐れ入る。なんたってル・マン用レーシングカー「C7R」と同時に開発されたそうだ。つまり、まんまレーシングカーのロードゴーイング仕様ともいうべきモデルである。

そんなZ06が話題となった「コルベット C7」だが、個人的に注目したいのは「Z51(ジーフィフティワン)」。こちらはスタンダードモデルに少しだけ手をくわえたホットバージョンである。

Chevrolet Corvette Z06|シボレー コルベット Z06

浅間ヒルクライムで発表された「Corvette Z06」

Chevrolet Corvette Coupe Z51|シボレー コルベット クーペ Z51 23

Corvette Coupe Z51

Z51のベースとなるエンジンユニット“LT1”は、ほとんどスタンダードモデルと変わらない。6.2リッターV8のボア&ストロークは一緒。コンピューターのセッティングでマックスパワーが6ps、最大トルクが6Nm上がるくらいだ。

ちなみにこの“LT1”という名前がマニアにはササる。4世代目となる「C4」時代のエンジン形式の名称を復活させたからだ。正確に言うと、91年までのL98型の後継となるエンジンで、それまでの250馬力から一気に300馬力まで上げたシロモノ。

また、当時ロータス社がこれをチューニングしたツインカムバージョンのLT5を開発し、それを「C4 ZR1」というモデルに搭載し、話題となった。まぁ、細かい話は抜きにして、当時名機と呼ばれたエンジンユニットである。その名称を引き継いでいるのである。