レッドブル・エアレースに挑戦する室屋義秀氏と腕時計|BREITLING

Watch & Jewelry NEWS

BREITLING|ブライトリング

5月16〜17日、レッドブル・エアレースが日本で開催

日本人パイロット室屋義秀氏が大活躍(1)

軽快なプロペラ航空機が強烈なGに耐えながら、巨大なカラーコーンのような“パイロン”を縫うように飛んで行く世界最速のモータースポーツ・シリーズと称されるレッドブル・エアレースが、5月16〜17日、日本ではじめて開催された。開催2日間で延べ12万人が入場し、イベントは大成功。そのなかで脚光を浴びたのは、このレースに唯一の日本人パイロットとして参加する室屋義秀氏だった。このハードなレースを紹介するとともに、室屋氏と彼の腕時計にもクローズアップしていく。

Photographs by ARAKAWA MasayukiText by KAWADA Akinori

日本人初のエアレースパイロット

BREITLING|ブライトリング

©Balazs Gardi/Red Bull Content Pool

世界各国を転戦し、世界最速のモータースポーツ・シリーズと称される航空レースがある。それがレッドブル・エアレースでだ。このワールド・チャンピオンシップは、2015年は全8戦を予定し、その2015年の第2戦目は、千葉・幕張海浜公園が会場となった。日本で初開催となるレースには、日本人唯一のレッドブル・エアレースパイロットとして室屋義秀氏が参加し、テレビや新聞でも大きく報道され、話題となった。

レースは高さ25mにもおよぶ巨大なパイロンを使用して周回コースを設定。イメージとしてはスキーの回転レースを思い浮かべるとわかりやすい。そのコースを最高時速370km/h(ルール上の上限規制)のスピードでアクロバット飛行(エアロバティック)にも用いられる軽快なプロペラ機が、文字通り“かっ飛んで行く”。パイロンを巡っていくための旋回時にかかる重力(G)は、約10Gに達する場合もある。いきなり体重が10倍になったように感じる想像を絶する世界である。このレースに挑戦するパイロットは総勢14名。多くは各国の空軍で、エアロバティックチームのパイロットの経験をもつなどの猛者揃いだ。

そのなかで、日本人として挑戦する室屋氏は、数少ない民間出身のパイロット。小さい頃から空に憧れ、大学時代にグライダー部に所属、すっかり空の魅力に取り憑かれた。アルバイトでためた資金で、アメリカで航空機免許を習得。エアロバティック・パイロットへの道を開いたという異色中の異色の経歴の持ち主だ。

現在は、福島に拠点を置き、レッドブル・エアレースに参戦しつつ、数々のエアショーでエアロバティックを披露、日本に航空文化を普及させる活動に取り組んでいる。

その室屋氏は、2015年の第1戦のアブダビで総合6位入賞する好発進。千葉でのレースも大いに期待された。マッチレースとなる決勝の第1ラウンド(ラウンド・オブ・14)では、対戦相手を一蹴するだけでなく、この日の最高タイムにしてコースレコードとなる50秒779をマーク。観客の熱狂は頂点に達した。

215_02
215_03
215_04

8機で争われる予選第2ラウンド(ラウンド・オブ・8)では、室屋氏は、歴代最多勝利の実力者、ポール・ボノム選手と対戦。こちらも好タイムを叩き出したものの、10Gを超える旋回をおこなったために安全規定に触れて失格。

「相手がボノム選手なので、チームとしては当然100%でいくと決めていました。フライト自体はいい感じだったけど、最後に101%の力が入ってしまった」という室屋氏のコメントは、むしろ、好調だったゆえの罠にかかったともいえる。今回は、あたらしい機体を導入した最初のレースでもあり、むしろその機体の好調ぶりをうかがわせるコメントも残しており、第3戦以降の表彰台、さらには優勝も期待したいところだ。

Page02.室屋氏はパイロットらしい腕時計を愛用