伊藤嶺花×N.ハリウッド 尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

伊藤嶺花×N.ハリウッド 尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

Divine of Creation - 創造力の背後にあるもの -

スピリチュアル対談 vol.11|N.ハリウッド 尾花大輔

伊藤嶺花が“視た”ゲストの肖像

「希望とよろこびの光をもたらすために今世を生きる王者」(前編)

さまざまなステージで活躍するクリエイターをゲストに迎え、スピリチュアル ヒーラーの伊藤嶺花さんが、ひとが発するエネルギーを読み解くリーディングと複数の占星術を組み合わせ、クリエイターの創造力の源を鑑定。現世に直結する過去生や、秘められた可能性を解き明かし、普段は作品の陰に隠れがちでなかなか表に出ることのない、クリエイター“自身”の魅力に迫ります。

文=オウプナーズ写真=KADOI Tomo

第11回めのゲストは、メンズファッションブランド、N.ハリウッドのデザイナーである尾花大輔さん。古着屋からキャリアをスタートさせ、2000年に自身のブランド「N.HOOLYWOOD(N.ハリウッド)」を設立、今や活動を海外にまで拡げている。対談前編では、まず自身の創作についてを中心に聞いた。

伊藤・尾花 よろしくお願いします。

伊藤 ふたりとも、名前に「花」の文字がつきますね。

尾花 漢字の並びがキレイなのっていいですよね。僕の名前は海外では覚えられづらいですけどね。

伊藤 そうですか?

尾花 松坂大輔がでてきてはじめて「ダイスケ」って覚えられるようになって、さらにオバマ大統領効果もあって、そこからは調子いいです。「オバマ」で「ダイスケ」(笑)。

伊藤 海外の方だと、「オバマ」って聞こえちゃうかもしれないですね(笑)。母音が一緒ですし。

伊藤嶺花×尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

N.ハリウッド デザイナー、尾花大輔さん。

尾花 そう。「オバナ」だって言ってるのに「オバマ」になる(笑)。昨年生まれた息子は「大造」というのですが、“Z”が入っている名前は海外では受けがいいですね。そういえば最近知り合いの方が数字の音で自分の名前のサインをしているのを見て、そういう感覚が懐かしいなと思って、僕も自分の名前を「087」と数字で表記した香水を作ったんです。海外でどういう意味だ?って聞かれるんだけど、“オレの名前だ”、みたいな(笑)。

伊藤嶺花×尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

フレグランス「Six Scents」。“#087”とネーミングされた。

伊藤嶺花×尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

ボックスには尾花さんのポートレイトも。

先シーズンから活動拠点をN.Y.へ。その心境の変化は?

尾花 ブランドをはじめてから10年目というのもあって、アグレッシブに何か動いていきたい、って気持ちがあったんですよね。パリでのコレクション発表も2007年ごろから何度かやっていたのですが、ヨーロッパの雰囲気が僕にはあまりしっくりこなくて。

伊藤 閉鎖的な感じがしちゃったのでしょうか?

尾花 うん、閉鎖的な印象はありますよね。もちろんいろんな刺激だったり衝撃的な出会いもあったけれど、自分のなかで“ここで勝負していくって場所ではないな”という気持ちがあって。一回それをクローズさせて自分の好きな街、ニューヨークでやろうって決めてからはあれよあれよという間に進んでいった。結局、予想外に良い評価もいただいて、最後にはうまくおさまったんだけど、実感がない……みたいなね(笑)。

伊藤 コレクションのテーマは何だったのですか?

尾花 ニューヨーク一発目ということもあってどうしようかなと思ってはいたんですけど、原点にもどって “昔から自分がシンプルにかっこいいと思うことは何か”を考えて。そこで、犯罪者を追いかけるようなテーマにしたいなと思ったんです。カタログもテーマの“POLICE PICTURE”を連想していただけるよう作成しました。ショーではなくインスタレーション方式で発表したのですが……言葉でしゃべりはじめたら2万時間くらいかかっちゃいますが(笑)。

伊藤嶺花×尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

2010-11AWカタログより。犯罪写真をモチーフにした。

伊藤嶺花×尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

2010-11AWカタログとルックブック。

伊藤 2万時間。すごい(笑)。

尾花 (カタログを見ながら)これは、捕まった犯罪者たちが、警察でマグショットを撮られているイメージです。

伊藤 本当ですね!

伊藤嶺花×尾花大輔|スピリチュアル対談(前編)

尾花大輔さんと伊藤嶺花さん。

尾花 ニューヨークでのインスタレーションは、広いスクエアな空間の一面の壁に、30センチくらいのスリットを入れて、モデルとビューワーのスペースを分けて見せたんです。ゲストはそのスリット越しにモデルを覗き見るという趣向。観客の向こう側に、犯罪者を模したモデルが出てきては、正面をストロボでパシャ、横向かせてパシャ、っていう犯罪写真みたいなことをやって。

伊藤 おもしろい。昔からこういう写真が好きなんですか?

尾花 そうですね。そのへんに転がっているようなパルプな物とか、アメリカのリサイクルストアやフリーマーケットでたまたま見つけたような写真とか、意味のないものがすごく好きでしたね。前はそういうインディーズ精神たっぷりなものが好きで、正直、すごく有名な写真家が撮ったものってどうなの? って気持ちが強かったんです。今は“いいものはいいんだ”って認められるようになってきましたけど(笑)。

ABOUT
ITO Reika

株式会社ディヴァイン代表/スピリチュアルヒーラー 服飾雑貨系の企業にて商品企画、広告宣伝、経営企画の仕事に従事したのち、天界とのチャネリングと潜在意識のリーディングをおこなうライトワーカーとして活動開始。相談内容によってヒーリングや催眠療法、複数の占星術を組み合わせた宿命鑑定もおこなっている。自由が丘にて個人セッション、満月&新月のワークショップを開催中。著書に『シンクロニシティ』、『運命好転術』、『開運ビジネス風水虎の巻』。www.divine-msg.com