Web Magazine
インターン・MD募集中rumors.jp
OPENERS
About Site Map Mail Magazine RSS twitter.com/OPENERS_jp www.facebook.com/OPENERS.jp
FASHION/ファッション情報WOMENCAR/自動車情報WATCH & JEWELRYDESIGNLOUNGESHIFT JAPAN!BLOG
2009.10.16

MARGARET HOWELL|マーガレット・ハウエル

伝統と先進が共存するアウターウェア

ハリスツイードやウーステッドなど英国らしいマテリアルや、機能的な素材の活躍の場はやはり秋冬シーズン。マーガレット・ハウエルはそれらの扱いを熟知している。女性デザイナーでありながらメンズアイテムにも造詣が深い。その当然の帰結としてマーガレット・ハウエルには秀逸なアウターウェアが豊富に揃うことになる。
文=細村剛太郎
Photo by Jamandfix
 

冬が待ち遠しくなるアイテムが豊富に

マーガレット・ハウエルの“らしさ”を構成する要素として「英国的なるもの」は欠かせない一要素であることは確かだろう。
マーガレット・ハウエルは、こう語っている。
「たとえば、始紡糸がふくまれていることや、高品質なコットンやリネンに入っているシワや、そしてハリスツイードやウーステッド服地のような伝統的な織りの良さを味わうことです。これらは、カラー、着心地、そしていま、着るにふさわしいとされる衣服に対する直感的な感覚にくわわる、根本的なことです」
これは生地を触ったときの感覚と、生地の特性に対しての打ちとけた姿勢を、とみに大切にしていることをあらわしている。
 

襟のコーデュロイとサイドのアジャスターがアクセントのツイードジャケット 6万9300円
 
この文脈をふまえ、秋冬コレクションを見渡すと、特筆すべきはアウターであろう。今季を象徴するものとして、まずジャケットスタイルがある。ブリティッシュトラッドに欠かせないアイテムという位置付けで、クラシックでありつつも、やわらかさをもつジャケットが登場している。英国伝統のクラシカルなハリスツイードやモールスキンなどの紡毛を用いつつも、肩パッドを使用しないアンコンストラクテッドな仕立てで軽くモダンに表現している。緩急または剛柔といった、マーガレット・ハウエルの絶妙なバランス感覚を楽しめるアイテムが揃っている。
また前回ご紹介した「バラクータ」や「マッキントッシュ」とのコラボレーションコートに加え、襟のコーデュロイとサイドのアジャスターがアクセントのツイードコートや、オーセンティックなディテールながらコンパクトなサイジングでコンテンポラリーな雰囲気のメルトンのピーコートなども、英国的なテクスチャーの良さを堪能できる。
 

ジッパーに止水シールをほどこすなど、ディテールまで“完全防水”なゴアテックスのパーカ 6万4050円
 
翻って、伝統素材とは真逆の機能的な素材にスポットを当てているのも今季の特徴である。「ゴアテックス」といえば、“本気”のアウトドアウェア素材の代表格だが、「MARGARET HOWELL」×「GORE-TEX」では、あくまでもタウンウエア用として採用。マウンテンパーカやシンプルなサイクリングウェアなどがそれだが、ドレストラウザーズとのスタイリングも可能という洗練されたデザインとなっている。マーガレット・ハウエルらしい、“本物”の素材に目を向けたもので、斬新なスポーツカテゴリーを創出している。もちろんその機能性や実用性を活かし、マウンテンパーカはジッパーに止水シールをほどこすなど、ディテールまで完全防水仕様と本質を踏まえたつくりだ。
 

オーセンティックなディテールながらコンパクトなサイジングでコンテンポラリーな雰囲気のピーコート 6万1950円
 
ブリティッシュテーラリングでは、1970年のデビューから採用し続けている「フォックスブラザース」社や、「サヴィルクリフォード」社、「ラヴォット」社など英国名門サプライヤーの生地を用いた、さらにグレードの高いセットアップコレクションがスタートし話題である。
原点回帰しながら進化するマーガレット・ハウエル。その“らしさ”は、あまりにも魅力的であり、こころを捕らえて離さない。
 
 
アングローバル
Tel. 03-5467-7874
www.margarethowell.jp
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 
 
 
 
LINK/関連リンク
 
 
 

 
 



RECOMMENDED/おすすめ



 
 



上へ戻る    
> マーガレット・ハウエル|MARGARET HOWELLの伝統と先進が共存するアウターウェア