VAN CLEEF & ARPELS ヴァン クリーフ&アーペル

ロマンとエレガンス溢れるメゾン、ヴァン クリーフ&アーペル。その歴史は、宝石商の娘エステル・アーペルと、ダイヤモンド研磨職人の息子であるアルフレッド・ヴァン クリーフが結婚し、1906年にふたりの名前を冠したジュエラーをヴァンドーム広場に構えたことにはじまる。

魅惑と気品に溢れたジュエリーはたちまち人気となり、1910年からは、はやくも時計のコレクションが登場。1920年代からはジュエラーの世界観と高級時計制作の専門技術が融合し、服に付けるクリップとしても使える時計や、ブレスレットタイプのジュエリーウォッチなど豪華な時計が生み出された。そして、1936年。南京錠に独創的なクラスプを備えたユニークなアイデアのタイムピース「カデナ」の誕生により、その名は大きく轟くこととなる。

その後も、メゾンのアイコンでもある「アルハンブラ」をモチーフにしたウォッチのほか、オーバル型のケースのやわらかさにクラシックデザインのたおやかさをくわえた「タイムレス」「チャーム」などが女性の腕を美しく演出してきた。

一方のメンズでも、男性ならではのエレガンスを体現するようなタイムピースが並ぶ。1949年に創始者の息子ピエール・アーペルが自身のためにデザインし、その上品な姿からたちまち評判となった「ピエール・アーペル」は、2012年にあらたに現代的な再解釈がくわえられるとともに、タイムレスな美しさを備えた時計へとリニューアルを果たした。

さらに、もっとも高度な専門技術とメゾンの独創性を組み合わせ、エナメルやジュエリーで生き物や植物などがいきいきと描かれた「エクストラオーディナリー ダイヤル」や、技術と美の粋を集め、ダイヤルという“劇場”で物語が繰り広げられ、まったくあたらしい方法で時を示す「ポエティックコンプリケーション」といった類を見ないそのロマンティックな世界観は、女性はもちろん男性をも魅了しつづけている。

【創業年】1906年
【創業地】フランス、パリ
【主なシリーズ名】カデナ、チャーム、アルハンブラ、レディアーペル、タイムレス、ピエール アーペル、ハイジュエリー、エクストラオーディナリー ダイヤル、ポエティック コンプリケーション
【問い合わせ先】ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク  0120-10-1906

http://www.vancleef-arpels.com/

ARCHIVE