GREUBEL FORSEY グルーベル・フォルセイ

独立時計師協会(アカデミー)に所属する2人の天才時計師、ロベール・グルーベルと、ステファン・フォーシーにより設立されたブランド。

2人は、オーデマ・ピゲ傘下のコンプリケーションメーカー、ルノー・エ・パピで出会い、自分たちの自由な発想で時計造りを実践すべく、2001年に完全独立ブランド「グルーベル・フォーシィ」を設立。2004年のバーゼル・フェアで、デビューモデルの「ダブル・トゥールビヨン30°」を発表し、時計界を驚愕させた。

ダブル・トゥールビヨン30°は、2つの軸によって立体的に回転する3次元タイプのトゥールビヨン。もともとトゥールビヨンは、懐中時計の時代に開発された機構であり、垂直方向や水平方向時にかかる重力誤差を解消し、精度を一定に保つというメリットがあった。しかし、腕時計は、腕に装着されて、さまざまな姿勢差の影響を受けるもの。つまり、懐中時計とは違って、あらゆる角度からの重力を平均化する必要があり、そのために三次元の立体的なメカニズムが考案されたというわけである。

さらに、ダブル・トゥールビヨンを2つ納めた(つまり、4つのトゥールビョン機構を備え持つ)プロトタイプや、通常は1分間で1回転するところを24秒で1周させるというハイスピードタイプのトゥールビヨンを発表。同機構に特化しながら、その分野のエキスパートとして、2006年にはハリー・ウィンストンの「オーパス6」も担当している。

2007年からは、カルティエ、IWCなどを擁するリシュモングループの資本参入も決まり、ますますその活躍に期待が寄せられる。

【創業年】2001年
【創業地】スイス・ラ・ショー・ド・フォン
【主なシリーズ名】ダブル・トゥールビヨン30°、クアドルプル・ディファレンシャル・トゥールビヨン
【問い合わせ先】ヴィタエルーキス Tel. 03-6421-7533

公式サイト:http://www.greubelforsey.ch/

ARCHIVE