試乗、日産GT-R NISMO|Nissan

試乗、日産GT-R NISMO|Nissan

CAR IMPRESSION

Nissan GT-R NISMO|日産 GT-R ニスモ

試乗、日産GT-R NISMO

日産GT-Rがデビューをしてから8年。日産のモータースポーツ部門、NISMOの手によりサーキット志向のエンジニアリングがほどこされた「GT-R NISMO」に渡辺敏史氏が試乗。通常モデルとは何がちがうのか。その真価を探ってみた。

Text by WATANABE ToshifumiPhotographs by HANAMURA Hidenori

スピードに対する価値軸を変えた存在

一般道とサーキット。鳥瞰の地図で見ればおなじ、直線やカーブの組み合わせにみえるも、その場を実際に走ってみればそのフィードバックはまったくことなるものだ。

サーキットの路面は綺麗に均らされているうえ、舗装もタイヤのグリップを重視したものが配されるなど、クルマのパフォーマンスを完全に引き出せるよう留意されている。対すれば、刻々と変わる舗装状態にひび割れや凹凸に轍などがくわわり、さらにはコーナーを跨ぐように白線が引かれていたりと、一般道のコンディションはむしろ真逆といっても過言ではない。

その両方に最適化された性能を、1台のクルマで叶えることがいかに難しいか。それは「GT-R」こそが10年近くにわたって実証してきたことかもしれない。レーシングカー的な発想と設計、そして実験で生まれたGT-Rは、ご存知の通りニュルブルクリンクを前代未聞のラップタイムで駆け抜けた。

Nissan GT-R NISMO|日産 GT-R ニスモ
Nissan GT-R NISMO|日産 GT-R ニスモ

費用対速度をとんでもないレートで供したがために、価格帯のまったくことなるスーパーカーと呼ばれるクルマたちがふんわりと掲げてきたスピードに対する価値軸を、有無をも言わさずひん曲げてしまったわけだ。その点においては今もって、GT-Rを上まわるものは存在しない。

が、いっぽうでGT-Rは轍、目地段差など日常的に遭遇する人工的な路面状態に対する反応のシビアさ、路面凹凸に接しての中低速域での強い突き上げ、トランスミッションのノイズや変速時のギクシャク感など、ストリートカーとして相当いびつな領域があったのも確かだ。

それは部品や生産精度の向上もあって、年次毎に少しずつ整っていったようにもみえたが、いかんせんライバルはあたらしいソリューションを得て高い快適性と異次元の速度とを両立し始めている。この点、GT-Rは全車両が同一の性能であることにこだわりつづけてきたことが仇となり、大きな後れをとっていたといえるだろう。