ジャケ・ドロー|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報|JAQUET DROZ

JAQUET DROZ|BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報

バーゼルワールド 2015 現地レポート

JAQUET DROZ|ジャケ・ドロー

機械式機構で動く蓮の花(1)

ジャケ・ドローは、スイスのからくり時計など複雑なモデルも手がける時計ブランドとして知られる。今回は、レディスモデルにはじめてオートマタが搭載されたモデルが発表となった。

Text by KAWADA Akinori

アーティスティックな世界をより親しみやすく

JAQUET DROZ|ジャケ・ドロー

創業者のピエール-ジャケ・ドローは時計師としてだけでなく、オートマタ=からくり人形師として世界的に知られた偉人である。

2015年はもっとブランドを広くアピールし、ファン層の裾野を広げるための製品が発表された。

なかでも、ステップ運針を行う「デッドビート」の装備モデルやレトログラードを応用したムーンフェイズ機構を備えたカレンダーモデルは、メカニズムの面白さが伝わりやすく、注目の集まるモデルだ。

またレディスモデルにおいても、魅力的なオートマタ「レディ8 フラワー」がリリースされた。

機械式腕時計ではユニークな運針方法

この「グラン・セコンド デッドビート」は、実にユニークな機構を備えている。

時分針を12時位置に配し、6時位置のポインター式の日付表示は、扇形に運針をするレトログラードタイプだ。日付表示が末日まで進むと、瞬時に針が1日へ戻る。

センターに配された秒針も一風変わっている。通常の機械式時計の秒針は、流れるように運針するが、この時計の秒針は、1秒ごとに正確にジャンプする。このメカニズムは、クォーツ時計の秒針のような動きをする“デッドビートセコンド”と呼ばれるメカニズムで、18世紀に創業者ジャケ・ドローが作った懐中時計にもこの機構が搭載されており、古典的な機構の復活となる。

文字盤はツヤやかなアイボリーで、高温で焼成されたエナメル製。一見シンプルなようでいて、ユニークずくめのこの時計は、世界限定カラー88本の貴重なタイムピースだ。

JAQUET DROZ|ジャケ・ドロー

グラン・セコンド デッドビート
ケース|18Kレッドゴールド
直径|43mm
ムーブメント|自動巻き(Cal.JD 2695 SMR)
機能|ポインター式日付表示(扇形に針が動くレトログラード式)
ストラップ|アリゲーター
防水|3気圧
限定数|88本
発売時期|10月以降予定
予価|357万4800円

BASELWORLD 2015 バーゼルワールド速報