吉岡徳仁「ガラスの茶室 – 光庵」が京都・将軍塚青龍殿で世界初公開|EXHIBITION

EXHIBITION|吉岡徳仁「ガラスの茶室 - 光庵」が京都・将軍塚青龍殿で世界初公開

DESIGN ARCHITECTURE

EXHIBITION

京都市街を一望することができる標高220メートルの大舞台に建設

吉岡徳仁「ガラスの茶室 – 光庵」が京都・将軍塚青龍殿で世界初公開

京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年を記念した特別展覧会として、吉岡徳仁氏が手がけた「ガラスの茶室 – 光庵」の奉納展示が決定。京都の重要文化財にも指定される天台宗青蓮院門跡境内、将軍塚青龍殿の大舞台で、4月9日(木)より世界で初めて披露される。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

構想からおよそ5年にして実現

「光庵」は、透明なガラスで構築された茶室という小宇宙的な空間から、自然と一体化することで、日本の思想・文化の原点を見ることを目的とした吉岡徳仁氏による建築プロジェクト。2002年の「透明な日本家屋」の建築からはじまり、2011年にはイタリアの第54回ヴェネツィア ビエンナーレ国際美術展にて、ガラスの茶室「光庵」の模型デザインが発表。構想からおよそ5年にしてついに完成し、初お披露目が決定した。

展覧会が開催される京都の将軍塚青龍殿には、日本三大不動のひとつに数えられる国宝「青不動明王」が奉納されていて、この青不動は五色に配される不動明王のなかでも最上位にあるといわれている。

吉岡徳仁|ガラスの茶室
吉岡徳仁|ガラスの茶室

日本人の自然観に感心を抱く吉岡徳仁氏は、エネルギーやオーラのようなものを空間から知覚する、日本独自の自然に対する解釈とその空間性に着目してきたが、このような本質的な自然美の知覚化は、日本古来から受け継がれてきた茶道における思想にも通底している。

今回の特別展示では、「光庵」の透明なガラスで構築された茶室という小宇宙的な空間から自然の要素を感知し、自然と一体化することで、日本の思想や文化の原点を見ることができる。

京都・フィレンツェ姉妹都市提携50周年記念
特別展覧会「吉岡徳仁 ガラスの茶室 – 光庵」

開催期間|2015年4月9日(木)~終了日未定
時間|9:00~17:00(16:30受付終了)無休
会場|京都 将軍塚青龍殿
京都府京都市山科区厨子奥花鳥町28
入場料|大人500円(450円)/中高生400円(300円)/
小学生父兄同伴無料 (200円)/寺院団体(10名以上)400円
※カッコの中は団体料金
主催|青蓮院門跡
共催|株式会社吉岡徳仁デザイン事務所
後援|京都市
http://www.tokujin.com/news/

吉岡徳仁|ガラスの茶室