新型RX、ニューヨークでデビュー|Lexus

新型RX、ニューヨークでデビュー|Lexus

CAR NEWS

Lexus RX|レクサス RX

新型RX、ニューヨークでデビュー

レクサスは、ニューヨークオートショーにおいて、予告通りフルモデルチェンジを果たした新型「RX」を発表した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

ルーフが浮いたようにみえるデザイン

現地時間の4月1日にプレスデイを迎えたニューヨークオートショーで、レクサスはSUVモデル「RX」の新型を発表した。1998年にアメリカで登場してから第4世代を迎えたSUVのフルモデルチェンジだ。

今回発表されたのは、3.5リッターV型6気筒直噴エンジンを搭載した「RX350」と、排気量はおなじく3.5リッターとするV型6気筒アトキンソンサイクルエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドモデル「RX450h」。出力など細かいスペックは未公開ながらも、いずれも300ps前後になるという。

エクステリアデザインは、「RC」や「NX」など最近のレクサスにみられるように、深い凹凸でマッシブさを表現。レクサスの象徴ともいえるスピンドルはクロームメッキで囲われ、なかのグリル部分は上下で向きのことなるルーバー型、“F SPORT”ではFをモチーフにしたメッシュがあしらわれる。

Lexus RX450h|レクサス RX450h

Lexus RX450h

Lexus RX300|レクサス RX300

Lexus RX300 "F SPORT"

後端のピラーが斜めにブラックアウトされ、サイドウィンドウを囲むクロームメッキのトリムが閉じずにリアハッチの端まで流れるユニークなデザインは、ほかのレクサスモデルには見られないもの。このため、ルーフがAピラーのみで支えられて浮いているように錯覚させる効果を生み出している。

ヘッドライトには三眼のLEDを採用。高めの位置にある、三角形のパーツに囲まれた小さなランプは、フォグランプとコーナリングライトだ。リアのコンビネーションライトに、“L”をモチーフにしたデザインがあしらわれるのはレクサスの他モデルでも見られるが、ランプ自体がボディサイドまでまわりこむ配置は、レクサスでは初採用だという。

20インチもの大きなホイールは、レクサスとしては初となる、トリムの着脱が可能な新開発の「セレクタブル カラートリム ホイール」を採用している。