SWATCH|ハイテックアートモデルSISTEM51 バージョンII ニューモデル登場

SWATCH|ハイテックアートモデルSISTEM51 バージョンII ニューモデル登場

Watch & Jewelry NEWS

SWATCH|スウォッチ
製造を完全自動化した世界初の機械式ムーブメント

51のパーツで構成された「SISTEM51」にあらたに5色追加

わずか51のパーツで構成されたスウォッチのSISTEM51(システム51)シリーズ。2014年登場の4モデルにくわえ、バージョンⅡとしてあらたに5モデルが2月26日(木)に発売された。

Text by MATSUOKA Wutami(OPENERS)

スウォッチらしいカラフルな「システム・ピンク」など5色

2014年に4モデルが発表された機械式ムーブメントのSISTEM51。1983年にスウォッチが発表した、51個のパーツからなるクォーツ腕時計にちなみ、本シリーズも51個のパーツで作られている。

製造を完全に自動化することで、従来の機械式腕時計のムーブメントと比べ、半分の数のパーツでの製造を可能にしたSISTEM51。パワーリザーブは約90時間、各パーツを密閉することでほこりなどの異物が混入するおそれもない。日差はマイナス10秒~プラス10秒。

バージョンIIとしてあらたにデビューする5つのモデルは、ブルーの文字盤にピンクとイエローを使用した、スウォッチらしいカラフルな「システム・ピンク」や、グリーンとオレンジのコントラストが鮮やかな「システム・グリーン」など。デイト表示が3時または6時の位置にあるのが特徴だ。

価格はいずれも1万7500円だが、3月2日からは価格改定で1万8360円になる。

img_57783_7_s

システム・シック
文字盤|ホワイト文字盤にブラックアラビア数字インデックス、6時位置にデイト表示
価格 |1万7500円(3月2日から1万8360円)

img_57783_9_s

システム・クリーム
文字盤|ブラック文字盤にホワイトアラビア数字インデックス、3時位置にデイト表示
価格 |1万7500円(3月2日から1万8360円)

スウォッチコール
0570-004007
http://www.swatch.jp