Mercedes-Benz E Class Stationwagon|メルセデス・ベンツ Eクラスのステーションワゴン

Mercedes-Benz E Class Stationwagon|メルセデス・ベンツ Eクラスのステーションワゴン

CAR

Mercedes-Benz|メルセデス・ベンツEクラスワゴン 試乗

走りも機能も懐深き新型ステーションワゴン(1)

フルモデルチェンジを受けたメルセデス・ベンツ Eクラスのステーションワゴンに試乗した。新型ステーションワゴンは、メルセデス・ベンツ日本の手で、さる2010年2月24日より日本発売開始されたもの。「ワゴンとして最大の荷室容量」をもつなど機能性を追求すると同時に、燃費経済性の向上をはかったのが特徴だ。

文=小川フミオ写真=荒川正幸

空間にゆとりを。ラゲッジスペース容量は最大約20リットル拡大

S211と呼ばれる新型Eクラス ステーションワゴンは、「先代より空間にゆとりが生まれている」(日本法人)のが特徴のひとつに挙げられている。実際にボディ外寸を、S210という先代と比較すると、ホイールベースは20mm延長されて2,875mmに、ワゴンボディの全長は4,910mm(先代+15mm)、全幅は1,855mm(同+35mm)と縦方向に伸び、横方向にも広がっている。ちなみに1,500mmの全高(アバンギャルド)は同一。これによってラゲッジスペース容量は15リットルから20リットル拡大している。

ラインナップは下記のとおり。
E250CGIブルーエフィシエンシー ステーションワゴン(669万円)
E300 ステーションワゴン(765万円)
E350 BlueTECステーションワゴン・アバンギャルド(833万円)
E350 4MATIC ステーションワゴン・アバンギャルド(930万円)
E550 ステーションワゴン・アバンギャルド(1,115万円)
E63 AMGステーションワゴン(1530万円)

このようにエンジンラインナップの幅が広く、なかでもS211型の特徴のひとつは、1.8リッター4気筒エンジンにターボチャージャーを備えた、高効率・低燃費型「ブルーエフィシエンシー」システムを搭載したモデルをセダンに次いで設定した点。くわえて、尿素を使うなどして、窒素化合物と粒子状物質の除去に成功したクリーンディーゼルエンジンを搭載した「BlueTEC」モデルの設定も注目に値する。

ここではとりわけ話題になっているクリーンディーゼルから触れておこう。エンジンは3リッターV6に燃料直噴システムと、バリアブルノズルタービンを装えたターボチャージャーを搭載して211psを発生。そしてこれに「BlueTEC」システムを組み合わせている。

「BlueTEC」はディーゼルの排ガスの清浄化をはかる目的で開発されたシステム。最大の特長は、NOxと呼ばれる窒素化合物と、PMなる粒子状物質という、ディーゼルエンジンの排ガスにふくまれる2大有害成分の効果的な除去をはかっている点にある。エンジンの燃焼効率を上げればPMは除去されるが一方で比較的低温で燃焼されるNOxは残る。そこで「BlueTEC」では、NOx無害化のために排ガスシステムの最終段階で尿素を噴射する仕組みを採用し、窒素と水に分解するようにした。