田中将大選手をアンバサダーに迎え、チャリティーイベントを開催|HUBLOT

田中将大選手をアンバサダーに迎え、チャリティーイベントを開催|HUBLOT

WATCH&JEWELRY WATCH NEWS

HUBLOT|ウブロ

日本人初のアンバサダーに就任

ウブロ×田中将大「アイアン・アーム・チャレンジ」を開催

スイスの時計ブランド「ウブロ」はニューヨーク・ヤンキースで活躍する田中将大選手を日本人初のアンバサダーに迎えたことを発表し、就任記念チャリティーイベントを開催した。

Text by UMEMORI Tae

一般参加者がピッチング最高速度156㎞に挑戦

2015年、ウブロがアンバサダーに迎えたのは、現在、米国MLBのニューヨーク・ヤンキースに所属し、世界中から注目を集める田中将大選手。野球への情熱と飽くなき好奇心を持ちながら、子どもたちを対象とした野球教室を開催するなど、チャリティ精神も持ち合わせている。ウブロはこれに共鳴し、子どもたちの明るい未来に貢献できるチャリティ活動を行っていく。

2015年1月29日(木)、東京・六本木ヒルズにて開催されたチャリティイベント「アイアン・アーム・チャレンジ」では、一般の参加者が田中将大選手によるピッチング最高速度156kmの記録に挑戦。「小学生以下」「女性」「中学生以上」の3部門から最速記録上位3名ずつの計9名が決勝に進出し。「女性」部門から進出した参加者が見事139km(ハンディキャップ39kmを含む)を記録し、優勝に輝いた。

tp2
tp1

優勝者にはウブロ「クラシック・フュージョン クロノグラフ」、 準優勝にはウブロのアラームクロック、さらに優勝、準優勝を含む上位3名には、田中選手のサイン入りグローブがプレゼントされた。また、予選で「マー君よりうまくなりたい」と 叫んだ幼稚園児の男の子にはMVP賞として田中選手のサイン入りグローブが送られた。

決勝後は、田中将大選手が金額の書かれた9つの的を目がけて投球する「ターゲット チャレンジ」が行われ、約1000名の観客の大声援の中、直径10cmの最も難易度の高い100万円の的を含む7カ所の的に投げ当て、見事290万円を獲得。さらに、野球に初挑戦したウブロCEOのリカルド・グアダルーペ氏が、25万円の的2つに投げ当て、50万円を獲得した。

「ターゲットチャレンジ」で獲得した合計金額340万円と、「ピッチングスピードチャレンジ」参加者の記録×100円の合計金額56万7100円が加算され、ウブロは総額396万7100円を、日本の児童保護施設の21世紀型の学習法や新しい生活スタイルをサポートするNPO法人「リビング ドリームス」に寄付することを発表した。

LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ
Tel. 03-3263-9566
http://www.hublot.com