ループウィラー、日本が誇る「世界一正統なスウェットシャツ」|LOOPWHEELER

LOOPWHEELER|日本が誇る、世界一正統なスウェットシャツ

FASHION MEN

LOOPWHEELER|ループウィラー

吊り編みものの逸品

日本が誇る、世界一正統なスウェットシャツ

「世界一、正統なスウェットシャツ」を。そんな思いから1999年に「LOOPWHEELER(ループウィラー)」はスタートした。熟練した技術をもつ職人の手によって生み出される、着心地のよい吊り編みものだけを世界に発信している。2015年でブランド設立16年目を迎えるいま、あらためてその魅力にフォーカスする。

Text by IWANAGA Morito(OPENERS)

lw_05

ブランドの哲学を体現する、3つの定番アイテム

ループウィラーは、スウェット生地を用いたアイテムにおいて、数えきれないほど豊富なラインナップを誇る。コレクションは、毎年意欲的に新作を発表することで、スウェットがもつ可能性を広げつづけている。今回はそのなかでも、定番モデルとして同ブランドのフィロソフィーをかたちにした3つのトップスを紹介したい。

02_LW01_280

スウェットそれ自体をトラディショナルなアイテムとして捉えるのであれば、ループウィラーのアイテムは、コンテンポラリーな編集をしている。アメリカで生まれたプロダクトへ、オーセンティックなムードはそのままに現代的なアレンジをくわえ、グローバルな記号性と唯一無二の個性を兼備させた。

『LW01』と呼ばれる定番スウェットは、ループウィラーのスタンダードシリーズを代表するモデル。スウェット本来のモノ作りを踏襲し、身頃には脇接ぎの無い筒状の編み地を使う丸胴ボディを採用。

縫製では、肌に直接触れることが想定される箇所にストレスを与えないよう、フラットシーマを使用した。また、首元のV字ガゼットを前後両方にあしらうなど、ヴィンテージアイテムに準じた、もっともオーセンティックな組み合わせで作成されている。

03_flat_327

04_tag_327

グレーメランジ、マリン、ブラック、オートミールといった汎用性の高いカラー展開。大きくとられたリブがアクセントとして機能し、ほかにはない絶妙なバランス感を生む。

スウェットパーカもまた、不動の人気を誇る定番アイテムだ。プルオーバーの『LW05』、フルジップ仕様の『LW09』を用意し、いずれも丸胴ボディにフラットシーマ縫製を採用。

コンパクトなサイジングにより生まれるシルエットは、リラックスした雰囲気でありながら、ルーズな印象をあたえることはない。裏毛の色もボディと同色となっており、プレーンなルックスをよりシャープに見せてくれる。

lwtop_dd

ディテールへの配慮も行き届いており、フード部のドローコードには丸紐、LW05は首元にV字ガゼットを、フルジップモデルのLW09にはオーセンティックなオープンタイプのファスナーをセレクト。シンプルなアイテムのなかに吟味されたパーツなどのディテールにデザイン哲学と文化、そして絶妙なバランスが詰め込まれている。

07_LW05_327
08_LW09_327

HOW TO CARE

ループウィラーのアイテムは、スウェットという使い勝手の良いアイテムであり、吊り編み機で編まれたファブリックの特徴から末永く付き合えるのが魅力。もちろん家庭用の洗濯機でケアができるのだが、以下の点に少し気をつけるだけで、その風合いを存分に楽しむことができる。ぜひ、参考にしていただきたい。

1. たっぷりの水で、洗濯槽の回転をできる限りゆっくりにして洗う
→ドライ・ソフトコースなどを選び、洗濯ネットを利用し衣類への負担を極力軽減する
2. タンブラー乾燥は避ける
→型くずれや縮み、生地の傷みの原因となるため
3. 裏返して洗濯する
→表面の毛羽立ちがおさえられる
4. ジップがついているものは、ジップを閉じて洗濯
→裏毛部分や、他の衣類にひっかけてしまうのを防ぐため
5. ボタンがついているものは、ボタンをあけて洗濯
→ボタンホールのゆがみを防ぐため

以上、すべての衣類のケアに共通する留意点でもあるが、あらためて確認していただきたいところだ。ループウィラーの製品は、触れた人それぞれに衣服の本質を感じさせる。真に上質な日常着は、スタイルのみならず生活におけるモチベーションにおいてもプラスに働いてくれるはずだ。