メルセデス・ベンツ GLE クーペを発表|Mercedes-Benz

GLEでメルセデスのSUVは再興するか|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz GLE Coupe|メルセデス・ベンツ GLE クーペ

スタイリッシュなSUV

メルセデス・ベンツ GLE クーペを発表

メルセデス・ベンツは、来る2015年1月のデトロイト モーターショーであたらしいSUV「GLE クーペ」を発表する。このモデルはこれまでの「Mクラス」から派生したクーペ版で、ちょうどBMWの「X5」と「X6」の関係と同様。あわせてメルセデスでは、SUVカテゴリーのモデル名を整理し、「GL」の名称の次のアルファベットでクラスをあらわす車名に変更する。

Text by SAKURAI Kenichi

SUVラインナップを再構築

あたらしい車名である「GLE クーペ」がしめすのでは、SUVであること=「GL」と、「E」=Eクラス セグメントであること、そして「クーペ」=スタイリッシュなクーペライクデザインであることの3要素である。メルセデスはこの「GLE クーペ」の発表を機に、これまでの「GLK」や「Mクラス」を「GLクラス」の名称も順次改めていく。「GL」の次に既存シリーズとおなじアルファベットを与え、クラス感がすぐにイメージできるようにし、他モデルとの整合性や統一性をはかるという戦略である。

よって整理すると、メルセデス・ベンツのSUVは、「Aクラス」とおなじFFのプラットフォームを使用した「GLA」、「Cクラス」とおなじFRプラットフォームを使用したモデルを「GLK」から「GLC」に、これまでの「Mクラス」の名称を「Eクラス」相当のSUVを意味する「GLE」に、そしてフルサイズSUVの「GL」は「GLS」というネーミングになる。歴史ある「Gクラス」は、これまでどおりメルセデスのSUVを象徴するモデルとしてそのままの名称が使用される。もちろん、この3レターの後に、エンジンタイプをしめす3桁の数字やパワートレーンのアルファベットがくわわることになる。

Mercedes-Benz GLE 450 AMG Coupe
Mercedes-Benz|メルセデス・ベンツ

そうやって見ていくと、この「GLE クーペ」の立ち位置がよくわかる。ボディサイズは「Eクラス」相当のSUVであり、なおかつスタイリッシュなクーペライクデザインをもつということになる。すなわちそれはBMWの「X5」にたいする「X6」と同様──と紹介すればいっそう理解が進む。

いっぽうで、各カテゴリーにクーペライクな4ドアモデルをラインナップするというプランもまた、現在のメルセデスが推し進めている戦略のひとつだ。「CLA」や「CLS」は言うにおよばず、ステーションワゴンにもクーペスタイルを導入。既に登場している「CLA シューティングブレーク」や「CLS シューティングブレーク」がそれにあたる。そうしたクーペ化の波が、今度はさらにSUVカテゴリーにも押し寄せてきた、ということである。