V8を搭載するフライングスパーを英国で試乗|Bentley

V8エンジンのフライングスパーを英国で試乗する|Bentley

CAR IMPRESSION

Bentley Flying Spur V8|ベントレー フライングスパー V8

ブランドの祖国で体感する、その価値

V8を搭載するフライングスパーを英国で試乗

ことし3月のジュネーブモーターショーにおいて、ベントレーの4ドアセダン「フライングスパー」にV8エンジンを搭載した「フライングスパー V8」が発表された。6リッターW12ツインターボを搭載する新型フライングスパーに、「コンチネンタル GT V8」譲りの4リッターV8ツインターボを搭載することで、全体のバランスはどのようになるのか。大谷達也氏が、ベントレーの祖国イギリスにおいて、大都会ロンドンから高速道路、そしてカントリーロードまでハンドルを握り確かめた。

Text by OTANI Tatsuya

“コンチネンタル ファミリー”からの独立

ロンドンの空は暗い灰色に沈み込んでいた。

私がロンドンを訪れたのは、ベントレーのニューモデル「フライングスパー V8」に試乗するのが目的である。昨年デビューした2代目フライングスパーは“コンチネンタルGT ファミリー”の一員だが、「コンチネンタルGT」が2ドアクーペもしくは2ドアコンバーチブルとなるのに対して、フライングスパーにはよりフォーマルな4ドアサルーンのボディが与えられている。

いっぽう、コンチネンタルGTもフライングスパーも、標準モデルは排気量6.0リッターのW12ツインターボエンジンを搭載しているが、コンチネンタルGTには排気量4.0リッターのV8ツインターボを積む「コンチネンタルGT V8」が2012年に追加された。今回、私が試乗するフライングスパーV8は、このコンチネンタルGT V8の4ドアサルーン版といえるだろう。

Bentley Flying Spur V8|ベントレー フライングスパー V8
Bentley Flying Spur V8|ベントレー フライングスパー V8

いや、こうしてコンチネンタルGTとフライングスパーの近似性をことさら強調されるのは、ベントレーの本意ではないはず。その証拠に、先代では「コンチネンタル フライングスパー」と名乗っていたものを、新型では敢えてこの“コンチネンタル”という枕詞をはずし、よりシンプルなフライングスパーというモデル名を与えてその独自性を際立たせている。

さらに、新型フライングスパーは後席の居住性や快適性を改善し、サルーンとしての本質により磨きをかけた。そんな思いがあったからこそ、ベントレーはこのニューモデルに独立したモデル名を与えたのだ。

とはいえ、W12モデルとV8モデルの関係は、コンチネンタルGTとフライングスパーでよく似ている。

まず、基本的なスタイリングには手をくわえることなく、フロントのグリルまわりをW12のクロームからグロスブラック(艶ありの黒)に変更するいっぽう、ベントレー ロゴの中心部をブラックからレッドに塗り替え、テールパイプの形状をシンプルな楕円から“8の字”形に切り替えた。いずれもごくごく目立たない小変更に過ぎない。

Bentley Flying Spur V8|ベントレー フライングスパー V8

また、ボディカラー、そしてインテリアのカラーや素材の面で選択肢の数がやや減るものの、それはあくまでも標準設定の話であって、マリナーなどのオプションを駆使すればほとんどの希望はかなえられる。つまり、前述したグリルやらバッジやらテールパイプの形状をのぞけば、W12とほぼ変わらない外観に仕立てることだってできるのだ。だから、見た目だけを理由にV8ではなくW12を選ぶのは、ほとんどナンセンスといえるだろう。