バーゼルワールド 2014|時計、それは手元のジュエリー

バーゼルワールド 2014|時計、それは手元のジュエリー

WATCH&JEWELRY SIHH&BASEL

バーゼルワールド 2014

時計、それは手元のジュエリー

世界最大級のウォッチ&ジュエリー トレードショー、バーゼルワールド。期待に胸をふくらませて会場を訪れるのは、時計趣味人の男性たちだけではない。エレガントなレディたち、着飾ったファッショニスタたちも、年に一度ここで最新の時計に出会うのだ。

Text by KEIKO Homma

女性用腕時計のトレンドはカラージュエリーウォッチ

今や目の肥えた女性たちは、これまでよくあったような、男性モデルをひとまわり小型化しただけのようなおざなりなデザインには目もくれない。女性のために設計された、身につけるその人を輝かせてくれるような時計を求めている。そう、時計は手元に寄り添うジュエリーなのだから。

バーゼルワールド 2014 02
バーゼルワールド 2014 03

2014年の今年、目についたのは、カラーストーンがビッグトレンドとなっているハイジュエリーの動向を反映した、色美しいジュエリーウォッチだ。カラーダイヤモンド、カラーストーンを駆使した今年のデザインは、時をはかるという本来の機能を忘れさせてしまうほどに華やいでいる。

その一方で、女性たちを魅了するのは、ブランドのシンボリックなモチーフをあしらったアイコンウォッチ。ひと目でそのブランドのものとわかるデザインで、ファッションに取り込みやすく、デイリーに楽しめる。長く愛されているロングセラーモデルも多く、そのブランドの「最初の1本」として選ぶには最適といえるだろう。

さらに今年、メンズウォッチはやや小型化の傾向にあったが、レディスの場合は「ユニセックス」と称した大ぶりなモデルがいまだに多い。しかし小型化の波は確実に来ている。女性たちが求めるフェミニンなスモールフェイスをいち早くラインナップしたのは、クチュールメゾンたち。敏感なジュエラーもこれに続き、アンティークを思わせる優美な小顔時計が登場している。

そして女性たちの意識の高まりを表しているのが、レディスコンプリケーションだ。メンズにダイヤモンドをあしらっただけの時計では満足できない上級者たちに向けて、女性のために作られたスタイリッシュなコンプリケーションが目立ってきた。大きすぎず厚すぎない、使いやすいサイズの複雑機構メカニカルウォッチを設計するのは容易なことではないだろう。それだけにレディスコンプリケーションは、満足度が格段に高いのだ。

こうしたトレンドが見受けられたとはいえ、時計はシーズンごとにうつろうファッションとはまったく異なった存在である。服よりも長いスパンで、一生愛用したり、次世代へ伝えたりするものだ。新しさの息吹を感じさせ、なお身につけて飽きない永遠の美を持っている時計を今、女性たちは求めている。

MENS

ワールドタイム

ワールドタイム

ダイバーズ

ダイバーズ

158_men_03

小型腕時計

WOMENS

ハイジュエリーウォッチ

ハイジュエリーウォッチ

アイコンウォッチ

アイコンウォッチ

スモールフェイス

スモールフェイス

レディス コンプリケーション

レディス コンプリケーション