la kagu|“衣食住+知”のキュレーションストア「ラカグ」オープン

la kagu|“衣食住+知”のキュレーションストア「ラカグ」オープン

FASHION NEWS

la kagu|ラカグ

サザビーリーグと新潮社がタッグ、神楽坂に新複合施設誕生

“衣食住+知”のキュレーションストア「ラカグ」オープン

サザビーリーグによるキュレーションストア「la kagu(ラカグ)」が10月10日(金)神楽坂にオープン。新潮社とパートナーシップを組み、衣食住に“知”をプラスしたライフスタイルを独自の視点で提案していく。

Text by KUROMIYA Yuzu

アパレルからレクチャーまで、大人の知的好奇心を刺激

「昔からあるもの」や「これからも大切にしたいもの」に価値を見出すという「REVALUE」をコンセプトにしたキュレーションストア「ラカグ」。総面積291坪を誇る巨大フロアの1階にウィメンズファッション、生活雑貨、カフェ、2階にメンズファッション、ブックスペース、家具、レクチャースペースを配置。テラスではファーマーズマーケット「ラカグ マーケット」などを開催する。外観の設計デザインは隈研吾建築都市設計事務所が担当。昭和40年代に建てられた本の倉庫をそのまま活かした工業的でミニマルな空間が特徴だ。

メンズファッションは大人世代に向けたアメカジ・ヘビーデューティーをテーマに、“今だからこれでいい、今あらためて欲しいもの”を、メンズウェアとインテリアのキュレーターである田中行太氏がチョイスする。ウィメンズファッションでは大手セレクトショップのバイヤーを務めた安藤桃代が、ハイブランドからベーシックなブランドまで“本当に良いもの”をセレクト。元「ウェアラバウツ」のデザイナー 福薗英貴氏が手がける新ブランド「nails(ネイル)」も登場する。

生活雑貨はスタイリスト岡尾美代子氏がキュレーションを担当し、世界各国から集めた食器、調理器具などをラインナップ。家具はハンス・ウェグナーを筆頭に、ハンドピックして選んだ北欧ヴィンテージ家具を長野県の上田に拠点を置く屈指の名店「haruta(ハルタ)」が揃えるという。

la kagu|ラカグ 02

カフェは、真っ白な店内にウッドが映えるロングテーブルを設置し開放感のある雰囲気を演出。フードキュレーターに鎌倉の人気店「LONGTRACK FOODS」の馬詰佳香氏、オペレーションにシャルキュトリー専門店の「コダマ」を迎え、“MEAT&BREAD”をコンセプトに展開。自家製ソーセージや、イタリアやスペインから直輸入した生ハムなど、とびきりのシャルキュトリーとパンを軸に、気取らずに食べられるおいしい料理を提供。コーヒーは、鎌倉の名店「カフェ・ヴィヴモンディモンシュ」の堀内隆志氏が「ラカグ」のために焙煎する。

ステーショナリー コーナー

レディスファッションフロア

ブックスペースでは、元倉庫にあった本棚を使いブックディレクターの幅允孝氏が選書した本を販売。併設したレクチャースペース「ソーコ」では、作家トークショーなど本にまつわるイベントを中心に、季節や行事に沿ったワークショップ、また神楽坂という場所に機縁して落語の口演などを開催予定。そして、長年食材のカルチャー誌のエディターを務めた小林淳一氏が「ラカグ マーケット」を担当。「まるで雑誌のようなマーケット」をコンセプトに、食本来の魅力を感じることができるマーケットを展開する。

カフェスペース

la kagu|ラカグ 06

ラカグ
営業時間|ショップ 11:00~20:00、カフェ 8:00~22:00(21:30L.O.)
作家トークショー|10月13日(月祝)ヤマザキマリ×とり・みき✕ 片山杜秀、10月23日(水)今福龍太×石川直樹
東京都新宿区矢来町67番地
www.lakagu.com