semoh|2014-15年秋冬コレクション

semoh|2014-15年秋冬コレクション

2014-15 AUTUMN&WINTER COLLECTION

semoh|セモー

今季からウィメンズラインをスタート

さまざまな“表裏一体”のなかで、存在していくための調和とは
を問う最新コレクション

「今季からウィメンズラインをはじめたので、ルックブックの撮影もメンズと同時におこないました」という「semoh(セモー)」デザイナーの上山浩征氏。男と女の関係性同様、“艶と温もり”のイメージが伝わってくるコレクションに注目したい。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

「人間同士の関係の最小公倍数のようなもの」とは

──2014-15年秋冬コレクションのテーマ/コンセプトは?

人が意思表示をしたり、他人を認識する第一線は、「交わす言葉と纏った衣服」であると考える。さまざまな“表裏一体”のなかで、存在していくための調和とは。わたし自身もふくめ、多数の人が日常的に身につける衣服において、在宅時のような解放感と外出時のような緊張感の調和を探したい。

──今シーズンのルック撮影でこだわったポイントと、注目してほしいところは?

今季からウィメンズラインをはじめたので、ルックブックの撮影もメンズと同時におこないました。ルック一体一体の写真だけでなく、男女のモデルがふたり一緒にいる空間を撮れたのは大きかったです。男女間の関係性にとくに意味はありませんが、必ずしも恋愛関係ではない、人間同士の関係の最小公倍数のようなものに触れたかったです。さまざまな感情が生まれてくる一番ベーシックな関係がそこにあるかと考え、その関係がもつ緊張感にも触れられればと思いました。

──スタイリング、シルエット、カラーなど、昨年の秋冬コレクションとのちがいは?

去年よりも艶と温もりのイメージを強くもっていたと思います。素材でいうなら艶は光沢がある絹、温もりは起毛など少し荒々しいイメージでしょうか。

──今シーズンのキールック(コーディネイト)は?

キールックはとくにありません。全体を通して雰囲気を感じてもらえたら幸いです。

semoh|2014秋冬 01
semoh|2014秋冬 03
semoh|2014秋冬 24

さまざまな種類の“毛”が登場

──キーアイテムとキーカラーは?

キーアイテムはキールックとおなじ理由でとくにありません。カラーについてはもともと自分が好きなブルーに加え、今回はらくだの毛を使用したキャメルも取り入れました。ブルーとベージュのグラデーションを、アイテムやコーディネイトで掛け合わせてみました。

──今シーズンこだわった「素材」は?

毛、でしょうか。毛ものを意識的に多くしていたので、さまざまな種類の毛を登場させました。毎秋冬に製作しているニットのシリーズでウールに強縮をかけているものや、毛あしの長いものなど、背景、見た目、触り心地、温かさ、いろいろな毛を使い、いろいろな表情を見たように思います。

──ウェブマガジンOPENERS(http://openers.jp/)に期待すること

独特の価値観を感じられるようなメディアでいてほしいです。

semoh(セモー)
Tel. 03-3780-3998
http://semoh.byhiroyukiueyama