CITROEN DS3|03 DS3 × 川上 俊

CITROEN DS3|03 DS3 × 川上 俊

自分だけの生きかた、自分らしいクルマ

CITROEN DS3|シトロエン DS3

DS3 × Graphic Design──デザイナー川上俊

世界を震撼させる、日本の伝統&モダニティのアート(1)

「アンチレトロナイト」にも登場したグラフィックデザイナー川上 俊氏に、シトロエンDS3をひとつのアートピースとしてとらえ、グラフィックを創作してもらった。テーマは、シトロエンDS3のテーマでもある「アンチレトロ」。グラフィックについて、そしてクリエイティビティを刺激するDS3のデザイン性について語ってもらった。

文=東ミチヨ写真=JAMANDFIX

DS3を花器に見立て草木花がもつ生命力を表現

カンヌ国際映画祭、デザイン部門金賞受賞のニュースは、大きなサプライズとなった。日本人デザイナーが、海外でも高い評価を得たのだ。その話題のひとが、artlessを主宰するアートディレクター、川上俊さん。広告などのクライアントワークを手がける一方で、コマーシャルとは一線を画したアーティスティックな活動もおこなっている。そして、先日おこなわれたシトロエンジャポン主催のイベント「アンチレトロナイト」で「シトロエンがデザインするものには、やっぱりどこか強烈な個性を感じる」と魅力を語ってくれた彼自身「シトロエンC4」のオーナーでもある。そんな川上さんが、今回、シトロエンDS3とのコラボレーションによるグラフィックアートに取り組んだ。そして生まれたのがDS3を花器に見立て草木花がもつ生命力を表現したこの作品である。

──シトロエンDS3と松。ユニークな組み合わせはどこから生まれたのですか?

DS3をはじめて見たときに印象的だったのは、その流れるようでありながら力強いフォルムでした。力強さと、硬直的で無い柔らかさを感じさせる線というのは、一見矛盾するようにも思えますが、それを見事に表現しているのがこのクルマだと思うんです。

僕は草木花を見ると、とても強い生命力を感じるのですが、とくに松は日本人である僕のアイデンティティに強い影響を与えています。日本人として、そして表現者として、僕はあえて松を強調的に使っていますが、作品全体としてはCITROEN DS3の美しさを、生け花のカリグラフィを用いて日本的な自然観に基づく美で表現したつもりです。今回の作品はダイナミックながらも、優しさを感じるフォルムから発されている躍動感を、自然の放つ生気に準えたart workになっています。

シトロエンDS3×デザイナー川上俊