サーキット専用のウラカンLP620-2を発表|Lamborghini

サーキット専用のウラカンLP620-2を発表|Lamborghini

CAR NEWS

Lamborghini Huracan LP620-2 Super Trofeo
ランボルギーニ ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ

サーキット専用モデル「ウラカン LP620-2」を発表

アウトモビリ ランボルギーニは、「ウラカン LP610-4」をベースにモータースポーツ部門が開発した新世代サーキット専用モデル「ウラカン LP620-2 スーパートロフェオ」を発表した。このモデルは、2015年の「ランボルギーニ ブランパン スーパートロフェオ」シリーズでのデビューを予定しているという。

Text by OHTO Yasuhiro

10ps増の620psを発揮するV10で後輪を駆動

米国カリフォルニア州で開催されたモントレー・カーウィークでワールドプレミアされたランボルギーニ「ウラカン LP620-2スーパートロフェオ」。このモデルは、アウトモビリ ランボルギーニのモータースポーツ部門が開発した、ウラカンをベースとした新世代のサーキット専用モデルである。

開発は明確なレーシングコンセプトに基づき、ゼロから進められ、モータースポーツの厳しい安全基準をクリアしつつ、高いパフォーマンスを実現するべく設計されているという。安全性を高めるロールケージは、キャビンだけでなく、シャシーのリアアクスルにまで伸び広がる大型サイズのものでありながら、その単体重量はわずか43kgと軽量だ。さらにねじり剛性は、従来モデルから45パーセントも向上している。

また、ウラカンのカーボンとアルミニウムによるハイブリッド構造フレームにも手がくわえられており、改良されたフロントのラジエーターと、すぐれた空力学的効果を発揮すると謳うリアのレーシング ギアボックスに合わせて形状が修正された。

s_lamborghini_huracan_lp620-2_supertrofeo_001
s_lamborghini_huracan_lp620-2_supertrofeo_005

エンジンには、「ウラカン LP610-4」とおなじ5.2リッターのV10を搭載。最高出力は、10psアップされた620psを発揮する。ロードカーの1,422kgにくらべ、乾燥重量が1,270kgと軽量に仕上げられたマシンは、パワーウエイトレシオ2.05kg/psを誇る。

そして、モデル名の末尾「-2」にあらわされるとおり、ハイパワーをリアタイヤのみで路面へと伝達するのが、このモデル最大の特徴といえよう。その走りを支えるタイヤには、専用のピレリ社製のものが装着されており、ロードモデルとはことなるサイズのフロント305/660-18およびリア315/680-18をセレクト。足まわりには、全ての調整が可能なアンチロールバーおよび2ウェイ アジャスタブルなオーリンズ社製ダンパーが採用される。