あなたのクルマ 見せてください 第10回 特別欧州篇

あなたのクルマ 見せてください 第10回 特別欧州篇

ひととクルマが紡ぐストーリー

第10回 特別欧州篇 ファブリツィオ・カスプリーニ氏×プジョー407SW

古代ローマ人とトヨタの意外な関係

イタリアとスイスの“普通のクルマ好き”を尋ね、彼の地の人びとのクルマにたいする考え方、ライフスタイルを垣間見る、あなたのクルマ見せてください欧州特別篇。最終回は、趣味である古代ローマの武具・馬具収集を通じて、ユニークな視点からクルマを語る、イタリアの眼科医に登場していただいた。

Text & Photographs by Akio Lorenzo OYA

1970年代におけるイタリア家庭のクルマ事情

イタリアの古都シエナ。ファブリツィオ・カスプリーニ氏は眼科開業医である。普段はプジョー「407SW」で、3拠点あるクリニックを忙しくまわっている。医師の話す車歴は、そのまま往年のイタリア中産階級の生活を物語る。自邸は総面積1ヘクタールに及び、庭にはオリーブやワイン用ブドウ畑も広がる。趣味はイタリア人の祖先である古代エトルリア&ローマ時代の武具収集で、邸内の一角に修復室やミニ展示室を開設する熱の入れようだ。その彼が熱く指摘する、古代ローマ人とトヨタの意外な共通点とは──

──現在お乗りのクルマは?

いま乗っているのは、2005年のプジョー「407SW」です。ターボディーゼルの溢れんばかりのトルクは、日々の移動に極めて快適。気がつけば10年ちかく乗ってしまいました。いっぽう妻のエリザベッタは、初代「スマート」を愛用しています。私が薦めたんです。

もともと彼女は坂道発進が苦手だった。その昔、急坂の信号でうまくスタートできずに四苦八苦していたら、通りかかった警察官に「あなた、本当に免許持ってるの?」と疑われたくらい(笑)。そのショックいらい、クルマから遠ざかっていた彼女ですが、シーケンシャルシフトのスマートが彼女のコンプレックスを解消してくれました。

s_peugeot_407sw_006
s_peugeot_407sw_019

──ところでカスプリーニ先生は今年50歳。往年のイタリア人のカーライフをイメージするうえで、子供時代を過ごした1970年代、家にあった車を教えてください。

銀行の支店長だった父は、私が物心ついたとき、フォードの「コーティナMk.1」に乗っていました。円形を三分割したテールライト、いまでもよく憶えてますよ。後年ランチアの「フルヴィア」がやってきて、いらいランチスタになりました。