Levi’s® Made & Crafted™|エッセイスト対談~木村東吉×華恵

Levi's® Made & Crafted™|エッセイスト対談~木村東吉×華恵

リーバイス® メイド アンド クラフテッド™の魅力を探る

Levi’s® Made & Crafted™|リーバイス® メイド アンド クラフテッド™

エッセイスト対談|木村東吉×華恵

「都会と自然を橋渡すもの」(1)

リーバイスの歴史を踏まえたデザインに、現代の革新的な高品質素材と縫製技術を取り入れたモダンライン――それが「リーバイス® メイド アンド クラフテッド™」だ。2014年秋冬のコンセプトは“New West: Outdoor”。「都会と山々」「屋内と屋外」「古いものと新しいもの」――相反する要素の間にある、独特のバランスを反映した服を展開する。プロローグとして、ともにエッセイストとして活躍する木村東吉さん、華恵さんを迎えて対談をおこなった。テーマは「都会と自然を橋渡すもの」。都市に暮らす人々はどのように自然と向き合い、消化すればいいのか。現代人のための豊かな、魅力ある生き方を探る。

Photographs by JAMANDFIX
Styling by TOCHIGI Masahiro
Hair & Make-up by SUGA MotokoEdit & Text by KASE Tomoshige

アウトドアでは平等になる

東京から約100kmの距離にある、富士五湖のひとつ河口湖。この湖のほとりに暮らしているのが、エッセイストとして活躍する木村東吉(きむら・とうきち)さんだ。木村さんは大阪の繁華街に生まれ、20歳で上京。モデルとしてのキャリアを重ね、1970年代後半から80年代にかけて『ポパイ』など多くの雑誌で活躍した、元祖“シティボーイ”である。

モデルを続けながら、アウトドアライフを実践するため1995年に河口湖に移住。以来、カヌーを始めとした多彩なアウトドア活動を展開し、自身の著書を通じて、また雑誌やTV、ラジオなど、数多くのメディアに出演し、自然の魅力を幅広い層に伝えている人物だ。

そんな木村さんを訪ねたのが、同じくエッセイストとして活躍する華恵(はなえ)さん。10歳からファッション誌でモデルとして活動を開始、また同時期に「全国小・中学校作文コンクール」で受賞を重ねて文才を開花させ、現在では多くの著書を上梓している。華恵さんの仕事のフィールドにもまた、趣味で初めた登山が影響を及ぼしているといっていい。現在、『山と渓谷』『ランドネ』を始めとした多くの山岳雑誌に出演、寄稿を続けている。

ともにモデルとして世に出て都市生活と誠実に向き合い、同時に自然とアウトドア・アクティビティへの知見を培ってきた、エッセイスト同士の対談。この対談から、都会と自然をクロスオーバーする生き方とは何か、ひいては現代人の豊かな暮らしのための手掛かりが得られれば幸いである。

lmc_B_327_02
lmc_B_327_09

華恵 私がアウトドアに興味をもったきっかけは、クライミングなんです。

木村 クライミングっていうのは、岩壁を登るクライミング?

華恵 はい、ロッククライミングです。機会があって山登りをしたのですが、その時に靴が壊れちゃったんです。靴を買おうと思って山道具屋さんに行ったら、私の手足や指が長いのを見た店の方が「たぶんクライミングが合うよ」って。

でも、本格的にクライミングを始めると、ギアも靴もスポーツ的な要素が占める割合が大きくなるので、私の場合は「ちょっと違うかもしれない」と思って。だからあくまで山登りのためのクライミング、行ける場所を広げるためのクライミングなんです。

木村 そう、競技って、目的ではなく過程を競うようになるんです。トレイルランニングもそうなんだけど、スピードを争うようになる。でももともとは「ミニマリズム」の思想に基づいた、最低限の装備で自然に向き合うことが目的なんですけどね。

クライミングもやっぱりそうで、もともとは頂上に立つため、行きたいところに行くために、登攀技術を培うってところが原点。でも競技になってくると、自然の壁ではなく人工の壁を登って、何秒を競う世界になってくるんですよね。

華恵 そうなんですよ。ルート(※1)も本来は自由なはずなんですけど。最初は自然の壁で、「(壁の)上まで好きに登ってごらん」と言われて、あれこれルートを自分で探して、いろいろと考える過程が面白かったんです。逆に、決められたルート、色のついたホールド(※2)を辿るというのがどうしても苦手で。

木村 小川山(※3)って行ったことあります? すごくいいですよ。(壁の)岩もキレイだし、まわりのキャンプ場もいい。

lmc_B_327_04

華恵 木村さんはクライミングもなさるんですね。

木村 ええ、アウトドア活動はほとんどやりますね(笑)。1992年に「レイド・ゴロワーズ」(※4)というアドベンチャーレースに参加したんですが、必ず馬に乗らなきゃいけないとか、難度の高い壁をクライミングしなきゃいけないとか、シーカヤックに乗らなければいけないとか、いろいろありまして……そこでいろんな技術を学びましたね。

華恵 どんなきっかけでアウトドアを始めたんですか。

木村 若いお嬢さんの前で古い話をするのは恐縮なんですが(笑)、我々の青春というのは1970年代、ベトナム戦争が終わって、反戦ムードの真っ只中の時代で。フォークソングもずいぶん流行りました。ジェームス・テイラーとか、ジョン・デンバーとか。イーグルスやジャクソン・ブラウンも大好きで、10代の頃よく聴いていました。

今の時代と共通しているところもあって、「自然回帰」という流れがあったんです。そんななか20歳で上京。もちろん最初はモデルとしてキャリアを積むのに必死でした。売れ始めてお金に余裕が出てくると、普通はメルセデスやBMWといったクルマに手を出すんですね。でも僕は10代の頃、そういったアメリカの自然回帰的な思想に触れていたものですから、ピックアップトラックを買って、道具を詰め込んで、女房を連れてキャンプに行っていましたね。

華恵 私が山にハマったのは、いわゆる山ブームの少し前でした。モデルとしての撮影の時に「今度学校で山に行くのが、すごく楽しみなんです」って話していたんです。その撮影のスタッフの方のひとりが「じゃあ山に行こう」と言って誘ってくれたのが、直接的なきっかけですね。

ハマった理由を今考えてみるととても個人的なことで……モデルをやりつつ文章を書き始めていた時期だったんですが、何が成功で何が失敗かわからなかいことばかりだったんです。何をやってもほめる人もいるし、ダメだと言う人もいる。自分自身の軸も、しっかりしていなかったんだと思います。

でも山に行ったときには、「この高さのモノを私は登った」という、目に見えるものがある、というのが気持ちよくて。目標も、過程もはっきりしていますし。

それから仕事の方と一緒に行ったんですが、関係がフラットになるんです。みんなの疲れも見えるので、できることはお互いに補い合うという。学校のなか、仕事の場とはまったく違う関係性になるんです。

木村 華恵さんが言っていること、すごくよくわかる。わかりますね。僕にとってのそれはランなんですよ。ランニング。モデルっていう仕事は、不確定な要素で自分がチョイスされることが多いんです。基本的に仕事は「待つ」ものですし。

自分が努力して、コンディションが最高だと思っていても、オーディションで落ちることもある。自分が今一つだと思っていても、仕事がどんどん忙しくなることもある。価値観を捉えにくいところがあるんですよ。

ところが山に登る、あるいは僕がずっと続けている「走る」ってことは、やっぱりトレーニングしないと結果が出てこないし、逆に言えば、努力さえすれば必ずタイムは縮まるんですよ。山に行ったら、自分の脚で登らなければきれいな景色は見えないし、自然のなかでは平等なんですよね。

36歳の時から、八王子にある日本工学院という専門学校でアウトドアの実習を持っているんですが、ずっと変わらないメッセージはそこなんです。自然のなかでは誰しも平等であり、努力しなければ「きれいな景色」に巡り合えないということです。

→「都会と自然を橋渡すもの」(2)へ

※1 クライミング(登攀)、ボルダリング(岩登り)などにおける、到達地点までのラインのこと。
※2 ロッククライミングの人工壁に設置される、突起を模した手掛かり。
※3 奥秩父山地に属する、山梨県北杜市と長野県川上村の県境に位置する山。フリークライミングのメッカとして知られている。2418m。
※4 1989年にニュージーランドで初回が開催された、近代アドベンチャーレースの先駆け的存在。地図とコンパスだけを頼りに、約650キロの距離の原生的な自然のコースを踏破するというもの。