あなたのクルマ 見せてください 第7回 檜井保孝 × アバルト

あなたのクルマ 見せてください 第7回 檜井保孝 × アバルト

ひととクルマが紡ぐストーリー

第7回 檜井保孝 × アバルト 595 コンペティツィオーネ

これが“アバルトマジック”

レーシングドライバーの檜井保孝(ひのいやすたか)選手は、昨シーズン、アバルト「595 コンペティツィオーネ」を愛車とし、日本中のサーキットを駆け回った。1988年にFJ1600でデビューして以来、英国F3、全日本F3000(現在のスーパーフォーミュラ)、そしてSUPER GTを舞台にモータースポーツシーン活躍してきた彼が、日常のアシとしてアバルトを選んだ訳とは。その魅力に迫った。

Text by TAKEDA Hiromi

レーシングドライバーが乗る日常のクルマ

クルマにうるさいであろう現役のレーシングドライバーは、日頃どんなクルマに乗っているのか? それは、クルマ好きならば誰しも気になるところ。そんな好奇心を満たすべく、今回は一人のベテランレーサーに、「あなたのクルマ」を見せていただくことにしよう。

レーシングドライバーの名は、檜井保孝(ひのいやすたか)選手。1988年にFJ1600でデビューののち、国内および英国F3選手権、全日本F3000(現在のスーパーフォーミュラ)選手権へとステップアップ。全日本GT選手権でも活躍したのち、後身のSUPER GTでは“三船剛”の名前で「マッハ号」をドライブしたこともあった。そして2006年には、かのル マン24 時間レースにランボルギーニ「ムルシエラゴ」で参戦した経歴でも知られている。

ダッシュボードの上には、檜井選手がしばしば国内で操縦を任されている往年のフェラーリF1マシン「412T2」のモデルカーが

現在では「フェラーリ・チャレンジ」オフィシャルインストラクターとして開発テストドライバーも担当するいっぽうで、日本国内におけるフェラーリF1デモランのドライバーも託されるほか、クルマの性能を分かりやすく語ることのできる卓越した解析能力から、コメンテーターとして数多くの自動車専門誌にも寄稿している人物なのだ。

そんな檜井選手の愛車は、可愛らしいなかに迫力も兼ね備えた漆黒のアバルト。昨年デビューした「595 コンペティツィオーネ」だ。

檜井選手は、一昨年からフィアット クライスラー ジャパン本社が主催する公式ドライビングスクール「アバルト ドライビング ファン スクール」の講師陣に名を連ねるとともに、昨2013シーズンは、アバルトがレース専用に開発したマシン「695アセットコルセ」とともにスーパー耐久選手権にフル参戦。さらに一シーズンに亘って、日本におけるアバルトの公式ブランドアンバサダーにも任命されている。