Lemnos|角田陽太デザイン掛時計「Clock A / Clock B」

Lemnos|角田陽太デザイン「Clock A / Clock B」

DESIGN PRODUCT

Lemnos|タカタレムノス

時間を能動的に読み、それを自発的に感じることを機能として追求した掛時計

角田陽太デザイン「Clock A / Clock B」

掛時計や置時計、電波時計などデザインクロックを中心としたライフスタイルアイテムを製造する日本発のデザインメーカー「タカタレムノス」から、プロダクトデザイナー角田陽太氏が手がけた「Clock A / Clock B」が発売された。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)

家電製品というより家具のような時計

空間のなかで過剰に主張しない大きさの掛時計でありながら、時間の認識をより容易にするための大きな数字を配する 自ら手がけた「Clock A / Clock B」について、「文字盤のデザインにおいて、大きい数字の配列が自然であることを追求するには根気と感覚が必要な作業でした」と角田氏は語る。

さらに、「学校や工場など歴史のなかで時間を読むことが機能であった時計を、現代のインテリアのなかに合うように素材と大きさを調整しました。家電製品というより家具のような時計です」とつづける。

「時間を能動的に読むことはもちろんのこと、それを自発的に感じることを機能として追求した掛時計です。 ブルース・リーの“Don’t think, feel. ”じゃないですけど、“Don’t read, feel. ”ですかね(笑)。天井がそれほど高くない日本の住宅はもちろんのこと、飲食店やホテル、学校などのパブリックスペースでも使用していただけたら幸いです」と推奨する。

角田陽太|KAKUDA Yota

デザイナー。仙台生まれ。2003年渡英し、さまざまな事務所で経験を積む。2007年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)を修了。2008年に帰国後、無印良品のプロダクトデザイナーを経て、2011年、YOTA KAKUDA DESIGNを設立。

http://www.yotakakuda.com/

「Clock A / Clock B」
価格|各1万800円
サイズ|φ220×d53mm
重量|590g
素材|タモ、ガラス
仕様|スイープセコンド

タカタレムノス / 東京ショールーム・オフィス
東京都文京区大塚3-7-14 シャノワール文京 1F
Tel. 03-5981-8120

http://www.lemnos.jp/

TOP_kakuda

ABOUT
KAKUDA Yota

デザイナー 仙台生まれ。 2003年渡英し、安積 伸&朋子やロス・ラブグローブの事務所で経験を積む。 2007年ロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)デザインプロダクト学科を文化庁・新進芸術家海外留学制度の奨学生とし …