マセラティ100周年 × イタリアンラグジュアリースポーツカー|Maserati

マセラティ100周年 × イタリアンラグジュアリースポーツカー

特集|イタリアンラグジュアリースポーツ、マセラティの100年

Maserati|マセラティ

MASERATI 100 – A Century of Pure Italian Luxury Sports Cars

マセラティ100/純粋なるイタリアンラグジュアリースポーツカーの世紀

1914年にイタリア・ボローニャで創業し、100周年という節目の年を迎えたマセラティ。先日、東京でも増上寺を舞台にアニバーサリーイベントが開催されたばかりだが、本国イタリアでは6月から2015年1月の期間、「マセラティ100/純粋なるイタリアンラグジュアリースポーツカーの世紀」と題された特別展が開催中だ。そのオープニングレセプションに小川フミオが出席した。創業者一族のひとり、カルロ・マセラティ氏のインタビューを交え、レポートをお届けする。

Text by OGAWA Fumio

マセラティの100年をいろどる歴史的なモデル

マセラティにとって2014年は創業100年にあたる年だ。そこで中部イタリアはモデナのエンツォ・フェラーリ・ミュージアムで、6月から2015年1月にかけて、「マセラティ100/純粋なるイタリアンラグジュアリースポーツカーの世紀」と題された特別展が開かれている。

「マセラティ創業100周年は、私たちの歴史の中で最良の時に巡ってきました。なぜなら、今日マセラティは大きく業績を伸ばし、今までにないほど増えているマセラティファンの方々からニューモデルは高い人気を博しているからです」。オープニングの式典において、集まったジャーナリストやモデナ市民の前で、マセラティのハラルド・ウェスターCEOはそう語った。

隣に立っていたのは、フェラーリのルカ・ディ・モンテツェーモロ会長。ウェスターCEOのスピーチを受け、回想を披露した。「私は、1997年にマセラティが経営危機に陥ったまま放置されていた時の状況をはっきりと思い出すことができます。そして私は、マラネロのチームと一緒にマセラティを再生するという挑戦を受けて立ちました」。

Maserati Tipo 61(1959)

そこで出来上がったのが、2003年発表の先代「クワトロポルテ」だ。フェラーリが開発に手を貸した4.2リッターV8のすばらしいフィールをはじめ、洗練されたハンドリングと、トラブルをできるだけ未然に回避する品質管理などで、市場で大きな成功をおさめ、その後に続く、「グラントゥーリスモ」「グランカブリオ」、そして現行「クワトロポルテ」と「ギブリ」が高い評価を獲得したのだ。

展覧会では、戦前のグランプリカーにはじまり、マセラティの100年をいろどる歴史的なモデルが21台展示される。入れ替えもおこない、トータルで30台ほどの有名なマセラティが一般の前に姿を現すそうだ。ほとんどがとても有名であるが、しかし、熱心な自動車ファンでも実車を目にするのは初めてという貴重なモデルばかりだ。

1台しかロードゴーイングバージョンが作られなかった16気筒の「V4」(1932年)をはじめ、1954年から60年にかけて、スターリング・モスとフアン・マヌエル・ファンジオによってマセラティ・レーシングチームに栄光をもたらした「250F」や、それに続く時代を作りあげた「ティーポ61」、さらに米国で人気を呼んだ華麗な「クーペ」など、どれだけ観ていても見飽きない展示内容だ。

Maserati 3500 Spyder Vignale(1959)

Maserati Boomerang(1971)