ジャガーのSUVコンセプト「C-X17」を日本初披露|Jaguar

ジャガーのSUVコンセプト「C-X17」を日本初披露

CAR NEWS

Jaguar C-X17|ジャガー C-X17

ジャガーのSUVコンセプト「C-X17」を日本初披露

6月17日、ジャガー ランドローバー ジャパンは、2013年のジュネーブモーターショーでデビューしたSUVコンセプト「C-X17」を日本ではじめて公開した。ラージサルーン「XJ」やスポーツモデル「Fタイプ」など、プレミアムカーを手掛けるジャガーブランド初のSUVはどのような方向性をしめすのか。来日したデザイン担当やブランドマネージャーの話をまじえ、小川フミオ氏が読み解く。

Text by OGAWA Fumio

活かされる姉妹ブランドのDNA

ジャガーが初めて手がけるSUV、「C-X17」が日本で公開された。同社がスポーツクロスオーバーと呼ぶモデルで、ジャガーのサルーンと共通する四角いグリルと、シャープな印象のヘッドランプ、大きなエアダムで構成されるフロントマスクが目を惹く。

C-X17は2013年のフランクフルトモーターショー初お披露目されたコンセプトモデルだ。その際は4シーターだったが、東京に持ち込まれたモデルは5シーターへと変更されている。最大の特徴は、これからのジャガー車の骨格となるアルミニウム製軽量モノコックボディを採用していることで、このプラットフォームは量産車ではまず、2015年発表予定のジャガー「XE」で使用されることになる。

青山スパイラルホールに置かれたC-X17は、シャイニー クレイ(粘土)と呼ばれる独特の塗色で、あたらしいイメージがうまく強調されていた。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4,718×1,959×1,649mmで、ホイールベースは2,905mm。姉妹ブランドのランドローバー製品をひきあいに出すと、「レンジローバー」と「レンジローバー イヴォーク」との中間に位置するサイズだ。

プレミアムSUVは、まさにレンジローバーが作ったマーケットだが、近い将来ここに、ランボルギーニやマセラティというスポーツカーブランドの参入も噂されている。そこにあって、グループにあるSUVのDNAを広く活かすことは、ほかのプレミアムブランドと対抗し、かつより広範なユーザー層を獲得するために必要と、ジャガー・ランドローバーでは判断したのだろう。